AGA治療で効果がなかった方へ【その問題、この記事で解決します】

AGA治療の効果

今回はAGA(男性型脱毛症)治療でこれまでに効果がなかった方に参考になればと記事にしました。

AGA治療と言えば、病院やクリニックでの薬のイメージがあります。
薬を飲めばAGAは治るんですよね?

確かに一般的にAGA治療では薬を使うと思われている方は非常に多いです。
もし上記のように思われているなら、はじめに大事なことをお伝えします。

「AGAは完治しません。AGAと戦い続ける覚悟が必要です」

実はAGA治療薬は対症療法のため、薬を飲んだからAGAが治るわけではありません。
つまり飲むのをやめれば髪もまた元の薄毛に戻ります。

最初に”AGA治療薬で効果がなかった方”がまず知っておくこと

AGA治療の効果なし

当店のお客様で多いのが次のようなご意見です。

「AGA治療のために病院に通ったけどあまり効果が無かった。」

AGAは男性ホルモンがAGAの原因酵素である5αリダクターゼと結びつき、悪玉男性ホルモンに変化し毛乳頭を攻撃し、髪の毛を脱毛させます。
男性ホルモンを変化させる環境にしたのが、食事や生活習慣です。
AGAは、生活習慣病のように遺伝だけでなく、長年の食事や生活習慣なども原因の一つです。

AGA治療薬だけを飲んでもAGAによる薄毛は根本的に改善しません。
どうしてもAGA治療の効果に個人差が生まれます。

AGA治療の個人差について次のような動画があります。


(クリックすると音声がでます)

お医者さんはAGAについて次のように言われています。
4人に1人は激変する。
4人に2人はちょっとくらい良くなった。
4人に1人は全く効果がない。

動画で話されている先生がどのようなお薬を処方しているかは分かりません。
動画自体は2006年に古い動画になっています。
しかしながら、2020年の現在も病院やAGAクリニックではプロペシア、ミノキシジル等の治療方針に大きな変化はないと認識しています。
これは実際のお客様のお話や、スーパースカルプの提携病院からの情報です。

このAGA治療の”個人差”をなくすためには、生活習慣の改善、食生活の改善、血流改善、そして頭皮環境の改善をトータルでケアすることが必要です。

AGA治療は効果があるのか

AGA治療と効果

次にAGA治療の選択肢にどういった内容があるかについてお話します。
一番わかりやすいの日本皮膚科学会が発行している男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版です。
AGA治療の推奨度において以下のような記述があります。

ガイドラインによるとAの「行うよう強く勧める」は、フィナステリド(プロペシア)とデュタステリド内服薬とミノキシジル外用薬だけになります。
ミノキシジルについては外用薬ではA評価ですが、内服薬に関してはD評価の「行うべきでない」に分類されています。

AGA治療薬の効果

Aに該当するフィナステリド、デュタステリド、ミノキシジル外用薬は以下のような効果があります。

  • フィナステリド
    AGAの原因酵素5αリダクターゼⅡ型を抑制しAGAによる抜け毛抑制効果
  • デュタステリド
    AGAの原因酵素5αリダクターゼⅠ型とⅡ型両方のAGAによる抜け毛抑制効果
  • ミノキシジル
    毛乳頭や毛母細胞を活性化させ髪の毛を生やす効果

AGA治療薬の効果的な使い方は?

現在、病院やネットではAGA治療で2種類の治療薬が処方されることが多いようです。
ネットではミノタブ(ミノキシジルタブレット、つまり内服薬)とフィナステリドがオススメされています。

確かにミノタブとフィナステリドは効果を得る方は多いです。

sou先生
私が薄毛で悩んでいたときにミノタブとフィナステリドを服用していたことがあります。
実体験をお話しますね。

AGA治療薬の体験談。本当に効果はあったのか?

皆さんのまわりにAGA治療薬を飲まれて効果のあった方はいますか?
オープンな性格の方だと、「めっちゃ生えたよ」と周りにAGA治療薬の効果について話されます。
でも、AGAによる薄毛は非常にデリケートな問題です。
なかなかまわりに話される方は少ないのではないでしょうか?
当店のお客様でもAGA治療を家族に内緒にしている方も多いです。
友人や職場の同僚にAGA治療を話す人はごく一部の印象です。
少し私の体験談をお話します。

AGA治療の体験談その1。個人輸入の飲み薬

私が大学生の頃の話です。
18歳から薄毛で悩んでいた私は育毛シャンプーや育毛剤を使っても効果がありませんでした。
試行錯誤した結果、AGAで効果があるのは”ネットの個人輸入でミノタブとフィナステリド(プロペシア)を購入して飲む”という方法でした。
ネットでの評判をみていたところ、確かにAGAの改善効果があった人は多いようです。
ネットだとコスパも良さそうでした。
ミノタブで血流を良くして、フィナステリドで抜け毛抑制をするなら理論的に生えるのでは?と考えました。

(生える髪の量>抜ける髪の量)≒発毛

この公式が成り立つのではと考えました。

確かに飲み始めると生え際の産毛は生えてきました。

しかしながら、以下のような副作用がありました。

プロペシアの副作用:特有の肝機能の低下に伴う、疲れやすくなる倦怠感

ミノキシジルの副作用:全身の毛が濃くなり、動悸が発生

副作用が怖くなって飲むのを辞めたら、生え際の産毛は薄くなりました。

さきほどの動画でいうと、私はAGA治療で”ちょっとくらい良くなった”タイプかもしれません。
確かにAGA治療薬は発毛効果はあります。
しかしながら、副作用の効果もあります。

AGA治療の体験談その2。副作用のリスク

次は発毛サロンである当店のお客様からよく聞く話です。

「知人が薬飲んでめっちゃ生えたんだけど、薬について調べたら怖くなった」

「昔飲んでたけど、飲むのやめたら前より薄くなった」

AGAの飲み薬は確かに効果はあります。
ただし、個人差があります。改善効果が高い方もいれば、ほとんど効果がなかった方もいます。

さきほどの2つの体験談の共通点はおわかりでしょうか?

それは副作用のリスクです。

副作用にも個人差があります。
全く副作用が出ないまま、何年もAGA治療薬を飲み続けている方もおられます。
副作用のリスクをきちんと知った上でAGA治療薬の有無を検討してみてください。

AGA治療薬の副作用

AGA治療薬には以下のような副作用があります。
ここでは詳しく述べませんが、気になる方はリンクの記事に詳細を記載しています。

ミノキシジル副作用
浮腫み、かゆみ、かぶれ、動悸、多毛症
フィナステリド・デュタステリド
発疹、勃起不全、リピード減退、射精障害、無精子症、肝機能低下、めまい
ミノキシジルのむくみの原因と対策

ミノキシジルの副作用。むくみの原因と対策とは?

2019年12月4日
AGAの副作用

AGA治療薬プロペシアの副作用とは?男性機能への影響は?

2019年11月21日

デュタステリド(ザガーロ)については知り合いの内科医から鬱になりやすくなるという副作用について懸念する声を聞いています。

大事なことは、副作用のリスクを知った上でのAGA治療薬を飲むかどうかを判断することです。

少しでも早いAGA改善の効果を得たいならばAGA治療薬

AGAはQOL(生活の質)に直結します。
AGAによる薄毛が気になってしまい自分に自信がなくなったり、鏡を見ることが嫌になったり。
もっと具体的なシーンでは結婚式までに生やしたい、子どもの入学式までに生やしたい、といった緊急性の高い方もおられます。

上記のように副作用も気になるけど少しでも早くAGAを改善したいならばAGA治療薬は良い選択肢であると思います。
ただ、冒頭で述べたようにAGAには以下の特徴があります。

「AGAは完治しません。AGAと戦い続ける覚悟が必要です」

AGA治療薬は対症療法です。薬を飲んで薄毛が治るわけではありません。
AGA治療薬を飲み続けている限り、AGAの症状が一時的に落ち着いているという表現が正しいかもしれません。

副作用も同じです。
前述したようにAGA治療薬を飲み続けている限り副作用のリスクがつきまといます。

AGA治療で効果がない人の共通点

AGAと戦い続ける覚悟でAGA治療にトライしても、残念ながらAGA治療で効果がなかった人もいます。
AGA治療で効果がなかった人には次のような共通点がありますのでご注意ください。

  • 育毛剤を毛生え薬と思っている人
    育毛剤には医薬品として認められる発毛成分は入っていません。
    育毛剤は髪の毛に栄養を与え、成長を促す作用をしますが髪の毛を生やす成分は入っていないのです。
    髪の毛を生やす成分として認められたミノキシジル配合の発毛剤があります。
    濃度が高いものの方が効くと勘違いし、逆に頭皮を痛めてAGAを悪化させる人もいます。
  • AGA治療薬を途中でやめる人
    AGA治療薬は服用を止めてしまうと髪の毛は抜け始めます。
    AGA治療の効果を感じても、効果を維持するために一生飲み続けなければいけません。
  • すぐに結果を求める人
    どのAGA治療を始めるにしても、効果を感じるまでに早くても3ヵ月は必要です。
    AGA治療薬の場合は、効果を感じるのに6ヵ月~となっているように、6ヵ月は続けてみないと効果はわかりません。
    人間の体の細胞が入れ替わるのに3ヵ月~4ヵ月ほどかかります。
    今ある体を作っているのは、3、4か月前に摂った栄養と血液なのです。

AGA治療で効果を上げるために考えたいこと

AGA治療しないで効果

AGA治療を行う際に抑えておきたいポイントがあります。

AGAの知識と実績が豊富か?専門科への相談

AGA治療を選ばれる場合に重要なのがクリニック選びです。AGAの専門の知識を持ったクリニックですか?AGA治療薬を取り扱っていても専門とは限りません。皮膚科や美容外科などでもAGA治療を扱っている病院が多数見受けられますが、ほとんどの病院で薬の処方だけの診療になります。

食事や生活習慣の改善

AGAを発症してしまう原因に生活習慣の乱れや食事、ストレス、間違ったホームケアなどがあります。きっかけとなった生活習慣や食事などを改善しなくては、AGA治療の効果は半減若しくは効果なく終わってしまいます。
髪の毛の栄養となる食事、栄養を送る血流を無視して発毛はあり得ません。

頭皮環境の改善

頭皮環境の改善は、AGA治療や薄毛を改善するのに必要です。植物が荒れた土地では育たないように、髪の毛の生える土台である頭皮環境が悪化したままでは髪は育ちません。

アフターフォロー

AGAや薄毛治療は生えたら終わりではありません。生えた後、維持しなければ意味がありません。AGA治療は髪の毛を生やすことはもちろん、定着させることも重要です。
髪の毛は方法さえ間違わなければほとんどの方は生えますが、定着するまで見守る必要があります。

まとめ

AGAの治療は確かに効果はあります。
ただし、何度も言うようにこれだけは覚えておいてください。

「AGAは完治しません。AGAと戦い続ける覚悟が必要です」

AGA治療薬を飲むと決める前に副作用についての理解も必要です。

実はAGA治療の方法は薬だけではありません。
私自信のAGAによる薄毛治療歴をこちらの記事で公開しているので、よかったら参考にしてください。

薄毛克服ストーリー

薄毛で悩み続けた私がAGA薄毛を克服した軌跡(ある意味奇跡)

2019年8月26日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の発毛技能士のsou先生こと中里聡一郎と申します。 「薄毛の悩みを取り除き、発毛による喜びに満ちた人生の実現」 をビジョンとして、薄毛に悩む人々の豊かな人生に日々貢献しています。 【資格】発毛技能士、毛髪診断士、調理師 【店舗情報】 大阪の寝屋川市にある開業6年目を越えたメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に病院、クリニックの薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを成功しています。 内服薬を使用しないため、副作用の心配がないと好評です。 【著者の過去】 高校の頃から薄毛に悩み、20歳の誕生日でミノキシジルの発毛剤を購入。以降、育毛剤、育毛シャンプー、個人輸入の薬等、様々な薄毛対策に取り組むが根本的な解決に至らなかった過去を持つ。 たまたま妻が発毛サロンをオープンしたことをきっかけに、自ら発毛メソッドを習得・実践して薄毛の悩みを見事克服。 それ以来、およそ6年間、薄毛治療の発毛特化型サロンとして運営。お客様は近隣の枚方や守口はもちろん、京都や和歌山からの遠方から2時間かけて来店されています。現役医師や芸能人も来店するサロンとして老若男女の薄毛で悩む方の駆け込み寺となっている。