ミノキシジルの副作用。むくみの原因と対策とは?

ミノキシジルのむくみの原因と対策

ミノキシジルとはもともと高血圧の降圧剤として1970年代に開発された成分です。
ミノキシジルの服用中に患者の体毛が濃くなるといった副作用から、1980年代にアメリカで有用性が確認され、世界で初めて発毛剤として認可されたのがミノキシジルです。

発毛王
ミノキシジルといえば副作用が心配じゃな。むくみを感じる人は多いので説明していくぞ!

ミノキシジルには外用薬と内服薬があり、発毛効果があり認可されているのは外用薬のみです。
内服薬に多い副作用に多毛症や、むくみ(浮腫み)がありますが、「むくみ」とはどのように起こるのでしょうか?
ミノキシジルによるむくみの原因や対処方法など、現在服用中の方もミノキシジルの服用を検討されている方もご参考ください。

ミノキシジルの副作用「むくみ」の原因とは?

ミノキシジルの副作用むくみ

ミノキシジルの内服薬としてはミノキシジルタブレットがありますが、副作用として多いのが顔や手足のむくみです。
見た目にも影響を及ぼす副作用で、手足だけでなく内臓にもむくみが及んでしまう場合もありますので注意が必要な副作用になります。

それでは、むくみはどうして起こるのでしょうか?

肝臓・腎臓の機能低下

ミノキシジルに関わらず、薬の服用時には肝臓で分解され腎臓でろ過され、尿になって体外に排出されます。ミノキシジルの服用でも、肝臓や腎臓への負担が機能低下に繋がり、むくみの原因になると考えられます。
肝臓や腎臓以外にも、心臓の機能低下による可能性もあり、むくみを安易に考えると危険です。

血管拡張作用

ミノキシジルは血圧の降圧剤として開発された薬のため血管拡張作用があります。
血管を広げることで血液の循環量が増えるということは、多くの血液を流そうと血液濃度が薄まります。血液濃度を正常に戻そうと水分が細胞に染み出た状態がむくみとなります。

ミノキシジルによる血管拡張作用は動脈にしか働かず静脈には作用しません。
そのため、同じ量の血液を通すことができなくなるのも、むくみの原因です。

※むくみの症状が出た場合、すぐに服用を中止し医師に相談しましょう。
※自覚症状がなくても、急激な体重増加の場合はむくみによる可能性があります。

ミノキシジルの副作用「むくみ」対策はあるのか?

ミノキシジルの副作用むくみ

むくみは体内に水分が溜まり、うまく排出できない状態です。水分を排出することがむくみ対策になります。

利尿作用のあるものを摂取

ミノキシジルの副作用のむくみには、利尿作用のあるものを摂取し体内に溜まった水分を体外に排出することが効果的だと考えられます。
利尿作用があるカフェインやカリウムを含んだ食品を積極的に摂取し、むくみ対策をしましょう。ただし、カフェインの取りすぎには注意です。

利尿作用のある食べ物でも調理法には注意が必要で、塩分の摂り過ぎはむくみの原因になります。塩分を取り過ぎると塩分濃度を調節しようと水分を多く取りこみ、むくみを悪化させます。

利尿作用がある食品

アボカド、バナナ、スイカ、キュウリ、ほうれん草、海苔、冬瓜、梨、切り干し大根、昆布
コーヒー、紅茶、ウーロン茶、緑茶、ココア、リンゴ酢、どくだみ茶

入浴

むくみは対策は湯舟につかり、血液循環を良くすることで溜まった水分と老廃物を汗で排出でき、むくみに効果的です。温めの温度で20分以上は入浴することをおすすめします。

湯舟の中でマッサージするのも、むくみに効果的です。

運動

筋肉量が少ない人も血液循環が悪くなりやすく、むくみやすくなります。
血液は心臓だけでなく全身の筋肉の収縮も血液の循環に作用します。
筋肉量を増やすことでむくみにくくなります。
軽い運動でも毎日体を動かすことで血液循環が良くなり、むくみ対策になります。

ミノキシジルの「むくみ」だけでない。怖い副作用と対策

ミノキシジルむくみ

ミノキシジルはもともと経口降圧剤として開発された薬ですが、日本ではミノキシジルタブレットは降圧剤としても認可されておらず海外でもAGA治療薬として認可している国はありません

ミノキシジルタブレットは日本皮膚科学会による[AGAのガイドライン」に推奨度D「行うべきでない」治療法とし、薄毛の治療法として否定的です。

何も知らずに海外からの個人輸入で購入されている方は多く、ミノキシジルタブレットを検討されている方は、医師の診断の元、副作用を理解してうえでの服用をご検討下さい。

ミノキシジルタブレットはむくみ以外にも副作用として多数報告されています。

ミノキシジルタブレットによる副作用

むくみ、多毛症、頭痛、めまい、頻脈・不整脈・狭心痛・胸痛・心嚢水貯留・体液貯留・発赤・呼吸困難・心筋部分壊死・アレルギー反応、心拍数の増加、低血圧症、肌荒れやニキビの発症、ほてり

ミノキシジルを使うならまずは外用薬

ミノキシジルむくみ

ミノキシジル内服薬でのむくみなどの副作用が怖くても、薄毛をどうしても改善されたい方はおられると思います。使うとするならまずはミノキシジルの外用薬を使用がいいかもしれません。
ミノキシジルの外用薬は世界90ヵ国以上で承認されている育毛剤に配合されている成分です。

日本皮膚科学会による[AGAのガイドライン」に推奨度A「行うことを強く求める治療法」として推奨されています。

もちろん副作用としては頭皮の痒み、発疹やかぶれ、頭痛などがありますが、内服薬と比べると副作用も少なく体への負担も軽度だと考えられます。
ご使用の場合は用法用量をしっかりと守り、副作用が出た場合は使用を中止し医師への受診をおすすめします。

メガネsou先生
長年、発毛サロンを運営しているとミノキシジルの外用薬を使ってきたけど効果がなかった方をたくさん見てきました。

実際、ミノキシジルの外用薬だけでは効果にムラがあるのが現状です。
大事なことは頭皮環境を改善することです。頭皮環境が整っていない状態で外用薬を使っても生えるものも生えません。

副作用なしの発毛で「むくみ」なし

薄毛治療と言うと薬を思い浮べる方は多いと思います。
薬の副作用はミノキシジルのむくみだけでなく、たくさんの副作用があります。
ミノキシジルは対症療法です。
つまり薬を飲んでいる限り効果があるものであり、AGAや薄毛が完全に治ることはありません。
そのため、薬は一生飲み続けないといけません。

副作用が出た場合、薬を飲み続ける限り、副作用で苦しむことにもなります。

繰り返しますが、大事なことは頭皮環境を整えることです。
ミノキシジルでむくまない発毛

頭皮という畑を整えて、植物という髪を育てることが薄毛改善には最も重要です。
現在の頭皮状態で発毛できるか知りたい方、ミノキシジルの副作用に困っている方はお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の発毛技能士のsou先生こと中里聡一郎と申します。 「薄毛の悩みを取り除き、発毛による喜びに満ちた人生の実現」 をビジョンとして、薄毛に悩む人々の豊かな人生に日々貢献しています。 【資格】発毛技能士、毛髪診断士、調理師 【店舗情報】 大阪の寝屋川市にある開業6年目を越えたメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に病院、クリニックの薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを成功しています。 内服薬を使用しないため、副作用の心配がないと好評です。 【著者の過去】 高校の頃から薄毛に悩み、20歳の誕生日でミノキシジルの発毛剤を購入。以降、育毛剤、育毛シャンプー、個人輸入の薬等、様々な薄毛対策に取り組むが根本的な解決に至らなかった過去を持つ。 たまたま妻が発毛サロンをオープンしたことをきっかけに、自ら発毛メソッドを習得・実践して薄毛の悩みを見事克服。 それ以来、およそ6年間、薄毛治療の発毛特化型サロンとして運営。お客様は近隣の枚方や守口はもちろん、京都や和歌山からの遠方から2時間かけて来店されています。現役医師や芸能人も来店するサロンとして老若男女の薄毛で悩む方の駆け込み寺となっている。