タバコを吸いながら薄毛改善できる?タバコの薄毛リスクを解説

タバコと薄毛

実はタバコを吸うことで薄毛が促進してしまいます。

よく「タバコを吸いながら薄毛改善できますか?」と質問されます。

タバコを吸っている方にお伝えしたいことは以下の通りです。

タバコは百害あって一利なし。

薄くなりやすいし、発毛スピードもガクッと下がります。

薄毛を本気で改善したいなら、禁煙をオススメします。

禁煙できないならタバコのリスクを少しでも減らしましょう

薄毛になったのも、薄毛治療で効果がないのも、喫煙が原因かもしれません。

タバコを吸っている方と吸っていない方では、明らかに発毛スピードに差がでます。

sou先生
当店のお客様でもタバコを吸っている方は発毛スピードが吸っていない方の半分くらいのイメージです。

タバコは薄毛になるだけでなく、発毛つまり薄毛治療にも影響するのです。

それでは、なぜタバコで薄毛になるのかについて説明していきます。

タバコで薄毛になる理由

タバコには4000種類の化学物質とその中には200種類以上の有害物質が含まれています。

タバコに含まれるニコチンとタバコの煙に含まれる一酸化炭素が薄毛の原因です。

血行不良

タバコで薄毛になる一番の理由がタバコのニコチンによる血行不良です。

タバコに含まれるニコチンは、自律神経を刺激し血管を収縮させ、血液循環を悪くします。

タバコに含まれるニコチンにより頭皮の血流が悪くなると、必要な栄養が頭皮に運ばれなくなります。

頭皮に栄養が届かないということは、髪の毛を作る毛乳頭に必要な栄養が届かなくなり、抜け毛や薄毛の原因になるのです。

頭皮の血行不良が慢性化すると、髪の毛の畑である頭皮は硬くなり頭皮自体もやせ細ってしまうのも薄毛の原因です。

栄養のない頭皮では髪の毛は育ちません。

ビタミンC不足

タバコ一本を吸うとビタミンCが25㎖~50㎖消費すると言われています。

1日に必要なビタミンCは100㎖ですので、1日に4本吸うと1日に必要なビタミンを消費することになります。

ビタミンCは生命活動のあらゆる部分で必要とされる栄養素で、コラーゲン合成時もビタミンCが必要となります。

コラーゲンは細胞と細胞をつなぐタンパク質で、髪の毛を作る器官である「毛包幹細胞」もコラーゲンで保護されていています。

ビタミンC不足ではコラーゲンを作ることができなくなり、細胞分裂で傷ついた「毛包幹細胞」の修復が困難となるのです。

コラーゲンが不足すると、毛包幹細胞は老化し毛穴が小さくミニチュア化してしまうのも薄毛になる原因です。

タバコが薄毛の原因になるのは、ビタミンCだけではなく育毛に必要なビタミンB群やビタミンEなども消費してしまいます。

活性酸素増加

タバコは活性酸素を増加させ、体を酸化させます。

酸化は体を老化させ、頭皮や毛乳頭も老化させます。

活性酸素が増加することで髪の成長も遅くなってしまいます。

酸素不足

通常、酸素は血液によって体内の細胞や臓器などに運ばれます。

タバコの燃焼時に発生する一酸化炭素は、酸素を運ぶのに必要なヘモグロビンと酸素に比べ200倍ほど結びつきやすい性質があります。

一酸化炭素とヘモグロビンが結びつくと、酸素を運ぶヘモグロビンが不足します。

そして酸素が細胞などに行きわたらなくなり、抜け毛や薄毛の原因になります。

悪玉コレステロールの増加

タバコを吸うと、悪玉コレステロールが増加します。

すると悪玉コレステロールを減少させる働きをするタウリンがつくられます。

タウリンを合成する時に髪の毛を合成するのに必要なメチオニンを消費します。

メチオニンは髪の毛を構成するのに重要な必須アミノ酸です。

メチオニンの消費は髪の毛を作る材料不足となり、薄毛になる原因になります。

悪玉コレステロールの増加により動脈硬化を引き起こすと血管が狭くなり血流も悪くなります。

ニコチンの血管収縮作用だけでなく、悪玉コレステロールの増加も血行不良となり薄毛の原因になります。

男性ホルモン増加

タバコを吸うと男性ホルモンが増加すると言われています。

AGAの原因は男性ホルモンが原因酵素と結びつくことでAGAを発症してしまいます。

タバコにより、男性ホルモンが過剰に分泌されるとAGAの薄毛リスクは高まります。

タバコをやめる「ストレス」で薄毛になる

タバコで薄毛になる理由を見て、タバコをやめようと考える人も多いです。

でも禁煙する時のストレスを考えると、なかなか禁煙に踏み切れないですよね。

タバコを我慢してストレスをためるより、タバコを吸う方がましでは?

実際はどうなのでしょうか?

タバコをやめる「禁煙ストレス」

ニコチンは依存性の強い物質で、危険薬物のヘロインやコカインよりも依存性が高くと言われています。

タバコをやめること、つまり禁煙がかえってストレスを溜めてしまう原因になります。

タバコに含まれるニコチンにはドーパミンという快楽をもたらす物質を脳内に放出させる作用があります。

快楽を得たいという欲求がタバコを止めれなくするのです。

長期間タバコを吸い続けると、体内でドーパミンを作るのが難しくなります。

ニコチン不足になるとイライラが増し、ストレスを感じるのはこのことが原因です。

ストレスによる薄毛は、自律神経が乱れることが原因で起こります。

自律神経は内臓の働きや代謝、体温や血流のコントロールなど人間が生きていくうえで欠かせない活動をコントロールする神経です。

禁煙によるストレスも薄毛の原因になることもあります。

タバコを吸う「喫煙ストレス」

では、タバコを吸っていればストレスによる薄毛は回避できるのでしょうか?

実は、タバコを吸っていると、ストレスから身を守る抗ストレスホルモンが生成されにくくなるのです。

ストレスを受けると、ストレスから体を守る役割の抗ストレスホルモンであるアドレナリンが作られます。

その過程で、ビタミンCが大量に消費されます。

タバコを吸うとビタミンCは大量に消費されます。

タバコによりビタミン不足となり、ストレスから身を守る抗ストレスホルモンがつくられず、ストレスに対応できなくなります。

禁煙だけでなく、喫煙することでも「ストレス」が溜まりやすい状態になるのです。

タバコがやめれない喫煙者が薄毛改善する方法

薄毛を改善したいと考えているなら、タバコを吸うのをやめることをオススメしています。

発毛王
タバコをやめることは健康にもよいし、家計にもよいぞ!

どうしても自力ではやめれない方は以下の内容から始めてみてください。

  • 禁煙外来を利用
  • 電子タバコに切り替える
  • 一日に吸うたばこの本数を減らす
  • 禁煙セラピーを読む

ストレスにならない程度から始めてみるのもオススメです。

電子タバコに切り替える

上記で述べたように、電子タバコに変えて徐々に本数を減らす方法もオススメです。

電子タバコには、加熱式とリキッドタイプ(VAPE)があります。

加熱式のものでもタバコに比べてニコチンやタールの量が少なく、ニコチンやタールによる薄毛のリスクはタバコより低くなります。

リキッドタイプは、国内で販売されているものにはニコチンとタールが含まれておらず、加熱式タバコより害が少なくオススメです。

身体や髪の毛に良くないとわかっていてもタバコをどうしてもやめれない方は、電子タバコにトライしてみましょう。

ただ、電子タバコは発売されてから数年しかたっていません。

体や薄毛などへの影響がどこまであるかは、はっきりわかっていませんので、長期間のご使用はご注意下さい。

わかっているのは、電子タバコでも体にとっても髪にとってもリスクがあるということです。

ビタミンCを摂取する

ビタミンCを積極的に摂取しましょう。

ビタミンCには、薄毛の原因となるストレスや老化(酸化)の原因となる活性酸素を抑制する働きがあります。

ビタミンCは結合タンパク質であるコラーゲンの生成時に必要で、体内で合成することのできない栄養素です。

食品やサプリなどで積極的に摂取しましょう。

タバコがどうしてもやめれない方や、やめるまでの期間はタバコを吸うことによって失われるビタミンCを補いましょう。

まとめ

最初に述べたように、タバコは百害あって一利なしです。

薄毛も進行しやすいですし、発毛もしにくくなります。

タバコを吸うことで血行不良、栄養不足、老化、ホルモン過剰分泌と、薄毛になるたくさんのリスクにさらされてしまいます。

タバコは薄毛だけでなく見た目の老化も早めます。

薄毛を本気で改善したいと考えているなら、禁煙しましょう。

どうしてもタバコをやめれない方は発毛知識を徹底的に学んで薄毛リスクから守りましょう。

発毛知識

発毛、薄毛の知識まとめ

2020年9月11日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の発毛技能士のsou先生こと中里聡一郎と申します。 「薄毛の悩みを取り除き、発毛による喜びに満ちた人生の実現」 をビジョンとして、薄毛に悩む人々の豊かな人生に日々貢献しています。 【資格】発毛技能士、毛髪診断士、調理師、1級ヘッドマッサージ講座修了 【協力】スキンケア大学アドバイザー、モノシル 【店舗情報】 大阪の寝屋川市にある開業7年目を越えたメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に病院、クリニックの薬を使わずに、ホームケアと施術による頭皮改善で髪の毛を生やすことを成功しています。 内服薬を使用しないため、副作用の心配がないと好評です。 【著者の過去】 高校の頃から薄毛に悩み、20歳の誕生日でミノキシジルの発毛剤を購入。以降、育毛剤、育毛シャンプー、個人輸入の薬等、様々な薄毛対策に取り組むが根本的な解決に至らなかった過去を持つ。 たまたま妻が発毛サロンをオープンしたことをきっかけに、自ら発毛メソッドを習得・実践して薄毛の悩みを見事克服。 それ以来、およそ7年間、薄毛治療の発毛特化型サロンとして運営。お客様は近隣の枚方や守口はもちろん、京都や和歌山からの遠方から2時間かけて来店されるお客様も。現役医師や芸能人も来店するサロンとして老若男女の薄毛で悩む方の駆け込み寺となっている。