夏の抜け毛の原因と対策は男女共通

夏の抜け毛

日本の夏は気温そして湿度も高く、軽い蒸し風呂状態。
そんな過酷な環境で過ごすと、何となく抜け毛にも影響がありそうと思いませんか?

そうなんです。夏は

一年の中でも最も抜け毛が増える原因が多い季節

なんですね。

夏の抜け毛が増える原因と対策を知って、これからの抜け毛予防をしていきましょう。

sou先生
”夏を制する者は抜け毛を制す”と言っても過言ではありません!

なぜ夏になると抜け毛が多くなるのか?3つの原因

夏の抜け毛原因3つ

さて夏を制すためにも、なぜ夏に抜け毛が発生しやすいのかを考えなければいけません。
原因として大きく3つに分けましたので、それぞれ確認していきましょう。

紫外線が頭皮ダメージを蓄積

夏の抜け毛原因は紫外線

夏の抜け毛の原因1つ目が紫外線です。紫外線は肌に当たると日焼けが起きるように頭皮にも同じことが起こります。
紫外線を浴びることによって組織が破壊され、枝毛や切れ毛になり、細胞の活動も弱まり抜け毛や薄毛のリスクが高まるのです。
また、肌よりも多くの紫外線を浴びるのは頭皮で、一番光老化が起こりやすい箇所になります。
薄毛を防止して発毛するためにも、髪の毛の紫外線対策が必要になってきます。

次の図は2018年のつくばのUVインデックス(紫外線が人体に及ぼす影響度。3以上は帽子利用が推奨)の年間推移を示したグラフです。下図から分かるようにUVインデックスは夏本場の7~8月をピークとして、4月~9月は強い状態が多くなっています。
少なくとも抜け毛を防ぐためには4月からは紫外線対策をした方が良いと言えるでしょう。

夏の抜け毛紫外線量出典:気象庁ホームページ

日焼けは軽いヤケドの状態ですので日焼けすると熱の放散が続きます。日焼けをすると頭皮の水分バランスがくるい、皮膚の正常なターンオーバーを妨げてしまいます。

頭皮の水分量は発毛にとって重要なキーポイントです。

そして日焼けした頭皮を良い状態に戻そうと皮膚の修復にエネルギーを使い、その結果髪に栄養が届きにくくなります。また日焼けは皮膚を硬くし、血行を悪くしてしまいます。

夏バテ促進と栄養不足

夏の抜け毛の原因2つ目は”夏バテ”です。夏バテは以下の原因が考えられます。夏バテになると免疫力も低下するため夏風邪になってしまう人も多いようです。

・温度差による自律神経の乱れ

自律神経の乱れは夏だけでなく抜け毛の原因になります。
夏はお店や職場で冷房が効きすぎて寒い!とひざ掛けを持参される女性も多いですよね。
人の身体は体温を一定に保とうと交感神経が働いています。夏は温度差が大きいため、交感神経がフル稼働しています。そのストレスから交感神経がうまく働かなくなります。そうなると、自律神経の乱れが胃腸の不調や全身の倦怠感を発生させ、食欲不振を招いてしまいます。

・発汗の異常

日本の夏は高温多湿であり、汗が過剰にでてしまうケースが多く、抜け毛の原因になります。
体温調整がうまくいかず、身体の水分が不足気味になります。汗とともに皮脂も分泌しているため、お風呂に入る頃には匂いや皮脂詰まりが発生し、頭皮環境が劣悪になっているケースも見られます。

・熱帯夜による睡眠不足

夜間でも気温は下がりにくく、夏はなかなか寝付けない人も多いようです。睡眠不足は夏だけでなく抜け毛の大敵です。睡眠不足になると睡眠による疲労回復ができないため、日中の疲れもたまりやすく夏バテの原因になってしまいます。
豆知識ですが、「1日の最低気温が摂氏30度以上の日」の夜を熱帯夜と言うそうです。こんな日はエアコン無しでは眠れませんね。

頭皮の過剰な皮脂分泌による脂漏性脱毛症

・寝ていると汗びっしょりで起きてしまった

・歩いてて止まったら頭皮の汗がじわーっと垂れてきた

・帽子やヘルメットをかぶっていて汗で髪の毛がペタッと張り付いた

夏にこのような経験はありませんか?
夏は大量の汗と共に皮脂も過剰分泌して、抜け毛の原因になってしまいます。

頭皮が蒸れた状態や汗が付着した状態が続くと常在菌が異常繁殖します。結果として頭皮に炎症が起き、頭皮トラブルに繋がります
頭皮に存在する常在菌は本来は頭皮を保護する役目があります。
しかしながら

【37℃×多湿×皮脂が多い】という環境では常在菌が異常繁殖してしまいます。

残念ながら夏は上記環境になりやすいですよね。
過剰な皮脂分泌にどのような対策を行うべきなのか?

次の章へすすみます。

夏の抜け毛STOP!対策は男女共通

前章の以下3項目で夏の抜け毛の原因についてお伝えしました。
・紫外線
・夏バテ
・過剰な皮脂分泌
では、それぞれの夏の抜け毛対策をお伝えします。

紫外線対策

発毛王
今年は日傘男子デビューじゃ!
kazuko先生
男性も堂々と日傘をさせるようになると薄毛も減るかもですね。

髪や頭皮は最も紫外線の影響を受ける部位なので紫外線対策はかなり重要です。夏の抜け毛も紫外線の影響は無視できません。

基本的な考え方はずばり、

「紫外線を浴びないようにする事」です。

対策は以下の通りです。

黒系の帽子を被る

帽子を直用することにより、頭皮に夏の紫外線が直接当たるのを防ぎ、抜け毛を予防します。

日傘を使う

夏の紫外線を遮ってくれ、体感温度も-5~7℃くらいになります。日傘も抜け毛対策の一つです。

紫外線の多い時間帯の外出を控える

夏の紫外線量の多い10時~14時は外出を控えた方が無難と言えます。そもそも紫外線を避けることも立派な抜け毛対策です。

ちなみに次の図は2018年8月21日(8月で最も数値が高かった日)のつくばのUVインデックスの一日推移を示したグラフです。グラフから分かるように10時~15時までが3以上となっているため、紫外線対策をすべき時間帯です。余裕をもって9時から16時までは紫外線対策が必要であり、外出を控えた方が良いのは10時~14時と考えます
(天気次第で紫外線量は変動しますので参考値としてお使いください。)

夏の抜け毛の一日の紫外線量出典:気象庁ホームページ

また、髪・頭皮用UVスプレーを使う対策もあります。最近は育毛効果をうたったUVスプレーも販売されているようです。個人的には毛穴をふさぐものをつけたくないのですが、海やプール等、どうしようもないときに使われてもいいのではないのでしょうか。

発毛王
ワシはプールや海では紫外線対策で頭にタオルを巻いておる!ワイルドじゃろ?
sou先生
意外に発毛王さんも庶民的なんですね。
ただ、プールや海に入った後の髪はキューティクルが開いているので抜け毛や切れ毛になりやすいので要注意です! 

夏バテ対策

夏バテはなってからではなく、ならないようにする。
つまり、夏バテ予防が重要です。
次の食べ方を心がけて夏の抜け毛対策をしましょう。

・うなぎや豚肉、レバーなど、ビタミンB1をとる

食事による夏の抜け毛対策その1です。ビタミンB1が不足すると疲労感や脱力感と共に胃腸の消化・吸収能力が低下します。結果として食欲が落ちるなど、夏バテ症状を悪化させてしまう原因になります。

・緑黄色野菜をとる

食事による夏の抜け毛対策その2です。夏の緑黄野菜であるトマト、ピーマン、カボチャ等々はカロチン、ビタミンB1、B2、Cや、鉄、カルシウム、カリウム等のミネラルがたっぷりです。

・水分、ミネラル不足に注意

食事による夏の抜け毛対策その3です。汗をかいたらこまめに水分補給をしましょう。スポーツドリンクは糖質たっぷりなのでオススメしません。麦茶がオススメです。冷たくすると胃腸を冷やしますので注意が必要です。夕食に味噌汁を必ず飲むと良いでしょう。

また、規則正しい生活を心がけることも重要です。
例えば1日3回、規則正しく、よくかんで食べる。夜遅くまで飲食をしない。充分な睡眠をとって適度な運動をする等です。

夏こそ頭皮ケア

夏は気温と湿度が高く、必然的に汗の量も抜け毛の量も増えます。
常在菌の異常繁殖をストップすることが対策として挙げられます。

・汗をかいたら、頭皮をこまめに拭く(汗を除去)
・帽子をこまめにとる(蒸れを防止)
・汗をかくタイミングに脇の下に冷たいペットボトルを挟む(汗を止める)

汗は乾く際に頭皮の水分も奪ってしまいます。頭皮の健康の目安は水分量になります。頭皮すなわち肌の角層は適切な水分量を含むことで丈夫で柔軟な特性を持ち、外環境から内部を守ります。

汗対策も必要ですが、シャンプーで汗をしっかりと洗い流すことは日々のケアにおいて必要不可欠です。
次はシャンプーのやり方についてお伝えしていきますが、まずは以下内容のチェックをしてみてください。

夏に抜け毛が増えるやりがちなNG行為

夏にやりがちなご自宅でのヘアケアです。抜け毛に直結してしまいます。
・風呂上がりはドライヤーを使わず自然乾燥

雑菌繁殖の原因です。
・暑いからそもそも風呂に入らない
風呂をきちんと入ると疲労回復効果があり、シャンプーの効果も増えます。
・夜に汗かくので朝シャン
ある程度の皮脂は夏のダメージから頭を守る役割があります。朝シャンは皮脂をリセットしてしまうためNGです。朝はシャンプー剤は使わずにお湯で流す程度にしてください。

発毛サロン直伝シャンプー(一般バージョン)

次は夏だけでなくオールシーズン使える抜け毛防止、薄毛改善に必要なシャンプー方法です。

1.入浴前のブラッシング
入浴前に髪をブラッシングしてください。ブラッシングはまずは毛先からかけると髪のほつれがとれやすいです。

2.入浴
シャンプーの前にお風呂につかってください。目安は40℃で10分です。血流が良くなりますので、シャンプー時に汚れがとれやすく、マッサージ効果も向上します。指の腹でマッサージしておくとさらに血流が良くなります。

3.予洗い
予備洗いの略です。頭全体をしっかりとぬらして髪の汚れや整髪料を取り除きます。頭皮を洗う温度はぬるめ(36~38℃)にしてください。

4.シャンプーを泡立てる
予洗い後、ようやくシャンプー剤をつけていきます。洗顔等に使う泡立てネットを使うと少量で泡立ちますのでオススメです。決して、シャンプーの原液を頭皮につけてはいけません。泡を頭皮につけていきます。

5.爪をたてずに指の腹でマッサージ
マッサージのポイントは「頭皮を動かす」ことです。できるだけ髪の毛に摩擦が発生しないように指の腹で頭皮を動かすことを意識してください。生え際、頭頂部、側頭部、後頭部しっかりとマッサージします。特に薄毛の箇所は頭皮の動きが悪くなっていますので念入りに。
よくあるシャンプーブラシは指よりも摩擦抵抗が高い材質であるため、髪を引っ張ってしまい抜け毛の原因になりかねません。そのため、マッサージは自分の指で行ってください。

6.すすぎはしっかりと
いくら髪に良いシャンプーを使ったところで、すすぎが不完全で頭皮に付着したままだと、シャンプー剤そのものが刺激物になりかねません。しっかりと頭皮についたシャンプーを洗い流して下さい。美容室のすすぎを思い出してください。かなりしっかりとすすぎますよね?それだけ、シャンプーのすすぎはしっかりとやらないとすすぎ残しが発生してしまうのです。

7.トリートメントをつける
傷んだ髪にはトリートメントをつけていきます。ポイントは毛先につけることです。頭皮につけてしまうと、せっかくシャンプーできれいにした頭皮を油分でふさぐことになりますので要注意です。シャンプー同様、すすぎはしっかりと行います。

8.タオルドライからの保湿
入浴後、タオルでやさしくポンポンと髪の水分をとってください。頭皮も保湿用ローションをつけることで乾燥を防ぐことができます。育毛剤もこのタイミングでつけてください。

9.ドライヤーでしっかりと乾かす
頭皮が濡れた状態だと、雑菌が繁殖する原因になります。自然乾燥派の人もいますが、頭皮のことを考えるとドライヤーでしっかりと乾かすことが望ましいです。[/box]

風呂上がりにまた汗をかかないようにエアコンで温度調整をして部屋環境を整えることも重要ですね。

まとめ

夏の抜け毛対策は毎日の体調管理と共に頭皮ケアをしっかりと行うことが重要です。
とはいえ、夏の抜け毛対策は予防策がほとんどです。
もし既に抜け毛が気になっている場合は別の原因が考えられますので、薄毛の専門家に相談することをおススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の発毛技能士のsou先生こと中里聡一郎と申します。 「薄毛の悩みを取り除き、発毛による喜びに満ちた人生の実現」 をビジョンとして、薄毛に悩む人々の豊かな人生に日々貢献しています。 【資格】発毛技能士、毛髪診断士、調理師 【店舗情報】 大阪の寝屋川市にある開業6年目を越えたメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に病院、クリニックの薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを成功しています。 内服薬を使用しないため、副作用の心配がないと好評です。 【著者の過去】 高校の頃から薄毛に悩み、20歳の誕生日でミノキシジルの発毛剤を購入。以降、育毛剤、育毛シャンプー、個人輸入の薬等、様々な薄毛対策に取り組むが根本的な解決に至らなかった過去を持つ。 たまたま妻が発毛サロンをオープンしたことをきっかけに、自ら発毛メソッドを習得・実践して薄毛の悩みを見事克服。 それ以来、およそ6年間、薄毛治療の発毛特化型サロンとして運営。お客様は近隣の枚方や守口はもちろん、京都や和歌山からの遠方から2時間かけて来店されています。現役医師や芸能人も来店するサロンとして老若男女の薄毛で悩む方の駆け込み寺となっている。