ドライヤーを使わないとハゲる?薄毛との関係性や正しい髪の乾かし方を徹底解説

ドライヤーでハゲる

ドライヤーを使う際に以下のような悩みや疑問はありませんか?

  • 髪が短いからすぐ乾くし、正直ドライヤーするのがめんどくさい
  • ドライヤーを使わないとハゲるって本当なの?
  • ドライヤーの使い方があってるかわからない

”髪が短い”、”めんどくさい”と、ドライヤーを使わない習慣の方は意外と多くおられます。

結果として薄毛に繋がってしまう可能性もあります。

発毛サロンである当店は来店されるすべてのお客様の薄毛改善に日々向き合っています。

ホームケアの一環としてドライヤーの使い方もアドバイスしながら多くのお客様の発毛を導いてきました。

薄毛改善には頭皮を健康的な状態に保つことがとても大切です。

薄毛改善のためには、髪や頭皮にダメージを与える自然乾燥も間違ったドライヤーの使い方を続けるのもどちらもNGです。

この記事では薄毛予防のためのドライヤーの正しい使い方や、薄毛改善にも役立つドライヤーの機能を解説します。

ドライヤーと薄毛との関係性や、正しい髪の乾かし方が分かるようになりますのでお読みくださいね。

自然乾燥はNG?男性でもドライヤーを使うべき理由

自然乾燥でも髪は乾くのに、なぜドライヤーを使う必要があるのでしょうか。

この章では髪が短くても、自然乾燥ではなくドライヤーを使って乾かすべき理由を紹介します。

濡れた状態で放置すると髪が傷む原因に

濡れた状態の髪はキューティクルが開いている状態なので、髪を守る機能も低下しており、とても無防備です。

そのため髪の摩擦ですらダメージを受けてしまいます。

めんどくさくても、すぐにドライヤーで乾かすことをおすすめします。

頭皮の血行が悪くなるとハゲる原因に

髪は自然乾燥でもある程度乾きますが、頭皮は髪よりもずっと乾きにくいです。

自然乾燥だと頭皮は濡れて冷えた状態が続き、血行が悪くなります。

頭皮は血液を通して髪に栄養を送る役割をしているので、血行が悪いと十分な栄養が送れずに健康な髪が育ちません。

結果的に薄毛に繋がる可能性があります。

頭皮の雑菌が繫殖してかゆみや臭いの原因に

自然乾燥だと頭皮がムレた状態が長く続くため、雑菌が繫殖しやすい状態です。

また、雑菌が繁殖するとかゆみや臭いの原因に繋がることもあります。

特に夏場の汗をかきやすい時期は要注意です。

ハゲないためのドライヤーの正しい使い方

ハゲないためのドライヤーの使い方

髪が濡れた状態は頭皮に雑菌が繫殖しやすく、薄毛の原因に繋がることが分かりました。

これからは自然乾燥をやめてドライヤーを使います!
sou先生
いいですね!ただ、ドライヤーも使い方には注意しましょう。

そもそもドライヤーの温風は頭皮を乾燥させてしまいます。

髪はタンパク質が主成分であり、熱に弱いので髪が細くなってしまいます。

つまり、頭皮や髪のダメージを最小限に抑えるために、ドライヤーを使う時間をなるべく短くすることが大切です。

この章では熱ダメージを最小限に抑えるために、ドライヤーの使用時間を短縮する正しい使い方について解説します。

ドライヤー前にしっかりタオルドライ

ドライヤー前に、タオルを使って髪の毛の水気をしっかりと拭き取りましょう。

タオルドライをしっかりすることで、ドライヤーで乾かす時間がかなり短くすみます。

適切なタオルドライのポイントは以下の通りです。

  • 髪の水分をタオルに移すイメージで、頭皮を手もみするように優しくふきとる
  • タオルで髪をゴシゴシとこすらない
  • 髪から水滴が落ちないくらいまで乾かす

乾きにくい髪の根元から乾かす

ドライヤーで髪を乾かす適切な順番を覚えておくことで効率よく髪を乾かせます。

以下の順番で髪を乾かすと時間をかなり短縮でき、髪のダメージも最小限になりますよ。

①後頭部→②両側面→③前頭部

乾きにくい髪の根元に風を送りこむようなイメージで乾かすのがポイントです。

髪の表面に温風を当てるのではなく、髪の内側に温風を当ててくださいね。

髪の根元に風を当てることで、根元が立ちやすいので髪のボリュームアップにもなりますよ。

冷風で仕上げて薄毛予防

髪は熱のダメージを受けやすいので、ドライヤーの熱で温度が上がった髪を冷やしてあげましょう。

温風だけで乾かしてそのまま放置すると、髪が自然に冷めるまでずっとダメージを受け続けることになります。

sou先生
ドライヤーの温風で頭皮にかいた汗によって雑菌が繫殖するのも防げますね。

髪と頭皮を健康に保つことが薄毛対策の第一歩です。

ひと手間かけて冷風で仕上げてくださいね。

ハゲる原因になるの!? 間違ったドライヤーの使用方法3選

ハゲる原因は間違ったドライヤーの使用方法

ドライヤーの正しい使い方が分かりましたね。

次にこの章ではハゲる原因に繋がる間違ったドライヤーの使い方を紹介します。

ドライヤーはお風呂上がりの習慣なので、間違って使い続けると髪や頭皮にダメージが蓄積して薄毛に繋がります。

無意識に間違った使い方をしていないか確認してみてくださいね。

ドライヤー前に濡れてる状態の髪をブラッシングする

濡れている髪は乾いている髪と比べて、とても無防備でダメージを受けやすい状態です。

濡れている状態の髪をブラッシングすると髪にダメージを与え、枝毛や切れ毛の原因になります。

習慣にしていると髪が痛んでしまいますので、すぐにやめるようにしましょう。

ドライヤーを髪に近づけすぎる

ドライヤーと髪の距離は25㎝以上離して使ってください。

ドライヤーの送風口は100℃〜120℃近くあります。

近づけ過ぎると髪の温度が上がってしまい、髪が傷んでしまいます。

そして、まんべんなく髪に風が当たるようにドライヤーを小刻みに振りながら使ってみてください。

ドライヤーを小刻みに振ることで、温風が一か所に集中して当たるのを防ぎ、むらなく乾かすことができます。

ドライヤーで髪を乾かしすぎる

髪は8割〜9割乾いたら十分です。

完全に乾かそうとして、ドライヤーを当て続けると頭皮が炎症を起こすこともあります。

炎症を起こした頭皮は毛根の力も弱まり、通常よりも早く髪が抜ける原因にもなります。

また、頭皮が温風によって乾燥してしまうと、頭皮の正常な皮脂分泌が妨げられてしまいます。

乾燥から頭皮を守ろうと過剰に皮脂が分泌されてしまい、毛穴が詰まる原因にもなります。

ドライヤーの温風は思ったより髪や頭皮にダメージを与えているんですね。

ドライヤーを使う時から意識してみてくださいね。

毎日の習慣を変えることが薄毛対策に繋がります。

【ハゲないために】ドライヤーの選び方のポイント3選

 ハゲない為のドライヤー選び

ドライヤーにもいろいろな機能が追加され、「髪を乾かすもの」から「髪や頭皮をケアするもの」に変わりつつあります。

薄毛予防のためには頭皮と髪に配慮した機能がついているものがおすすめです。

薄毛予防にもなるドライヤーの選び方のポイントを詳しく紹介します。

温度設定ができるものを選ぼう

一般的なドライヤーは温度調節が「温風・冷風」の2段階ですが、5段階まで温度を調節できるドライヤーもあります。

一般的なドライヤーの温風は100度〜120度程度ですが、髪質が細い人ほど髪にダメージを受けやすいです。

最近のドライヤーは60度前後の風が出る商品もあり、頭皮や髪に優しいので安心ですね。

温度が低いので乾かすのには時間がかかりますが、初めは温風で乾かして仕上げに使うだけでも頭皮や髪へのダメージを抑えられます。

風量の強さが強いものを選ぼう

ドライヤーの風量が強ければ、その分髪が早く乾きます。

使用時間が短いとドライヤーの熱による頭皮や髪のダメージを最小限に抑えられますよね。

一般的なドライヤーの風量は1.3㎥分なので、1.3㎥分以上を目安にすると風量の強いドライヤーを選べます。

ちなみに風量が強いことで有名なダイソンのヘアドライヤーの風量は驚異の2.4㎥です。

頭皮や髪をケアする機能がついてるものを選ぼう

ドライヤーの機能は日々進化しており、髪や頭皮をケアする機能がついている商品もあります。

以下のような機能がついているドライヤーは頭皮や髪をケアする効果が期待できます。

 

  • 頭皮を温める機能・・濡れて冷えた頭皮を遠赤外線によって温めて血行を促進させる機能

頭皮の血行が良くなると健康的な髪が育ちやすいです。

 

  • 温度自動調整機能・・ドライヤーの温風で髪の温度が上がると、ドライヤーの温風の温度が自動で変わります。

髪には感覚がないので、ドライヤーの温風で熱くなっていても気付きにくいです。

温度調整機能があれば、熱ダメージを最小限に抑えられますね。

自分にあったドライヤーを使って日々ケアし続けると、健康的な髪を実感できると思いますよ。

【まとめ】ハゲたくなければドライヤーで正しく髪を乾かそう

髪が短くても自然乾燥はやめてドライヤーを使って乾かすことが大切だと分かりました。

しかしながらドライヤーの温風は頭皮や髪を傷める原因になり、間違った使い方を続けると薄毛の原因になります。

ドライヤーを使う際はタオルドライをしっかりとおこない、髪の乾かし方や乾かす順番を工夫してみてください。

ドライヤーの使用時間が短くなれば、時短にもなり髪のダメージも最小限に抑えられます。

健康的な髪を育てるために毎日の習慣から少しずつ改善していきましょう。

【お問合せ】

お問合せや、お試し体験のお申込みは下記より行ってください。

072-833-9696:電話受付時間 9:00~19:00
営業時間 9:00~20:00
定休日:日曜日
ネット、LINEのお申込みは24時間365日対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の発毛技能士のsou先生こと中里聡一郎と申します。 「薄毛の悩みを取り除き、発毛による喜びに満ちた人生の実現」 をビジョンとして、薄毛に悩む人々の豊かな人生に日々貢献しています。 【資格】発毛技能士、毛髪診断士、調理師、1級ヘッドマッサージ講座修了 【協力】スキンケア大学アドバイザー、モノシル 【店舗情報】 大阪の寝屋川市にある開業9年目を越えたメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に病院、クリニックの薬を使わずに、ホームケアと施術による頭皮改善で髪の毛を生やすことを成功しています。 内服薬を使用しない方針のため、副作用の心配がないと好評です。 【著者の過去】 高校の頃から薄毛に悩み、20歳の誕生日でミノキシジルの発毛剤を購入。以降、育毛剤、育毛シャンプー、個人輸入の薬等、様々な薄毛対策に取り組むが根本的な解決に至らなかった過去を持つ。 たまたま妻が発毛サロンをオープンしたことをきっかけに、自ら発毛メソッドを習得・実践して薄毛の悩みを見事克服。 それ以来、およそ9年間、薄毛治療の発毛特化型サロンとして運営。近隣の枚方や守口はもちろん、京都や和歌山からの遠方から2時間かけて来店されるお客様もおられます。現役医師や芸能人も来店するサロンとして老若男女の薄毛で悩む方の駆け込み寺となっています。