鯖缶を食べて薄毛改善できる?【週3日は鯖缶生活】

鯖缶で薄毛改善
  • 薄毛予防に鯖缶が良いと聞いたことがある
  • 鯖缶とか体に良いイメージもあるけど、髪に効果があるか不安…
  • 実際に鯖缶が髪の成長にどう関係しているか教えて!

薄毛予防の対策として鯖缶を食べているけれど、どのような栄養素が髪に良いのかわからずに食べている方が多いです。

sou先生
私は発毛技能士、毛髪診断士の資格に加えて調理師免許も持っており、10年以上発毛サロンを経営し、その中で得た経験から鯖缶について説明します。

この記事を読めば、次のことがわかります。

  • 薄毛予防になぜ鯖缶が効果的なのか
  • 鯖缶に含まれる栄養がどのように髪の毛の成長に関わっているか

記事の後半には実際に鯖缶を使った育毛レシピも紹介していますので是非ご参考ください。

それでは鯖缶と薄毛の関係性について説明します。

薄毛予防にどうして鯖缶?

鯖缶は育毛食材

鯖缶には薄毛予防に効果的な栄養素が多く含まれていて、その栄養を余すことなく食べることができます。

また、缶詰なら誰でも気軽に買え、調理不要でそのまま食べられます。

料理が得意な人もそうでない人も、手軽に食卓に並べることができます。

青魚の豊富な栄養素を無駄にすること無く食べることができる

鯖缶では生魚の鯖と違って骨まで食べることができます。

また、生魚の鯖は調理する過程で大切な栄養を逃してしまう可能性があります。

鯖缶であれば中の汁に溶け出した栄養まで気軽に取り入れることができます。

缶詰なら調理も不要。すぐ食べることができ、長期保存も可能

生魚の鯖の場合、包丁でさばいたり火にかけたりと食卓に並ぶまでに多くの手間がかかってしまい、食べるまでのハードルが高くなりがちです。

その点、鯖缶であればコンビニやスーパーなどで気軽に買うことができ、帰宅してからすぐに食べることができます。

さらに買い溜めしたとしても、缶詰なので長期保存ができ、いつでも好きな時に食べられます。

鯖缶が薄毛予防に効果的と言われる3つの理由

鯖缶の栄養

鯖缶には薄毛予防に効果的と言われている次の3つの栄養成分が豊富に含まれています。

  • タンパク質
  • DHA
  • EPA

順に解説していきます。

豊富なタンパク質

髪の毛の90%近くはタンパク質で構成されています。そのため髪を育てるにはタンパク質は必要不可欠な栄養です。

鯖缶一缶に含まれるタンパク質はおよそ27gとされています。

厚生労働省(リンク先最終ページ)によると、1日に必要なタンパク質の摂取量は男性がおよそ60g、女性で50gです。

もちろん体格差によって必要とされる摂取量は変わってきますが、鯖缶一缶で必要摂取量の半分近くを補える計算となります。

DHA

DHAとは「ドコサヘキサエン酸」と呼ばれる不飽和脂肪酸の一つです。

不飽和脂肪酸とは人間の体ではほとんど作ることができない必須脂肪酸であり、鯖などの青魚などに豊富に含まれています。

このDHAの働きとしては、脳や網膜といった神経系の発達に必要な成分になるほか、血液中のコレステロール値を下げてくれます。

血中コレステロール値が高くなると血液がドロドロになってしまい、動脈硬化などのリスクも出てきてしまいます。

そして、髪へ栄養を運んでくれているのはこの血液です。

つまり、血液がドロドロの状態だと髪への栄養もきちんと届かなくなってしまうのです。

そこでこのDHAが、血中コレステロール値を下げ、血液をサラサラにし、しっかりと髪に栄養を届けてくれるのです。

EPA

EPAとは「エイコサペンタエン酸」と呼ばれている、先ほどのDHAと同じ不飽和脂肪酸の一つです。

このEPAの働きとして、血液を健康な状態に保つ働きをもっています。

DHA同様、血液をサラサラにしてくれる効果が期待できます。

特にDHAとEPAは魚の油分に含まれているため、調理の過程で熱が入ってしまうと、その油分が2割〜5割程度流出してしまいます。(参考記事:日本脂質栄養学会

しかし、缶詰であれば、これらの栄養素を含んだ油分が流出しても、缶詰内の汁に溶け込んでいますので、逃すことなく取り入れることが可能です。

薄毛予防として鯖缶をどれくらい食べれば良い?

鯖缶に含まれる栄養は、継続的に取り入れることでその効果が期待できるようになります。

下記の表は鯖缶一缶に含まれる栄養量と、それに対する成人の男女が1日に推奨されている摂取量をまとめたものになります。

鯖缶の数値はマルハニチロの「さば水煮缶」を参考にしています。

エネルギータンパク質DHAEPA
鯖缶
(一缶の栄養量)
317kcal26.8g2,717mg2,071mg
男性平均
(1日の推奨摂取量)
2,200kcal50g2,200mg
※DHA、EPA合わせて
女性平均
(1日の推奨摂取量)
2,000kcal40g1,900mg
※DHA、EPA合わせて

 

理想は毎日

薄毛予防のための理想の鯖缶の食べ方は毎日一缶を食べることです。

もちろん薄毛予防というのは、運動習慣や喫煙の習慣といった生活習慣全体を見直すことが一番の土台です。

また、いくら鯖缶が髪の成長に良いとは言っても、たくさんの量を食べれば良いというものでもありません。

例えば、DHAやEPAは血液をサラサラにしてくれる役割があります。

しかし、摂りすぎてしまうと出血した時に血が固まりにくくなってしまうとも言われています。

上の表からも分かるように、鯖缶一缶で十分に必要な栄養が摂れますので、毎日一缶がオススメです。

でも流石に毎日は現実的ではありません。

現実的には週3回を目安に

毎日鯖缶はさすがにちょっと…。

毎日、鯖缶を食べるのは流石に厳しいという声もあると思います。

そういう人は週に3回を目安にして鯖缶を食べるようにしてみてください。

これなら、2〜3日に1回鯖缶を食べれば良いだけなので無理なく食べることができます。

大事なのは、継続することです。

日頃の食事の中に意識して食べることで、薄毛予防につながっていきます。

無理のない範囲でぜひ取り組んでみてください。

育毛にオススメの鯖缶レシピ

鯖缶レシピ

ここでは鯖缶を使ったオリジナルレシピを紹介します。

誰しもずっと同じものを食べていると飽きてしまいます。

せっかく食べるなら、味の変化を楽しみつつ美味しく頂きましょう。

育毛!サバ缶サラダ

鯖缶と野菜を使った簡単スピードメニューです。

仕上げのレモン汁でさっぱりと食べられます♪

 → 「育毛!さば缶サラダ」

育毛!ネギたっぷり サバ缶の蒸し煮

鯖缶をネギときのこで蒸して、ポン酢で頂きます。

フライパンだけで調理ができるお手軽で栄養満点な一品です♪

 → 「育毛!ネギたっぷり さば缶の蒸し煮」

まとめ:鯖缶で薄毛対策しよう

今回は「鯖缶と薄毛の関係について」説明しました。

  • 鯖缶は手軽に買うことができ、そのまま食べられる。長期保存も可能
  • 髪の成長に必要なタンパク質、DHA、EPAを多く含んでいる
  • まずは週に3回を目安に食べてみよう

鯖缶に含まれるタンパク質は髪そのものの材料に、DHAやEPAは血液をサラサラにし、髪の毛に栄養をしっかりと送り届けてくれます。

食事の中で積極的に摂り入れ、健康的な髪の毛を育てていきましょう。

それでも、薄毛は食事以外にも様々な改善が必要です。

自分一人で考えるのが不安だという方はぜひ一度当店にご相談くださいね。

【お問合せ】

お問合せや、お試し体験は下記よりお気軽にお申込みください。

072-833-9696:電話受付時間 9:00~19:00
営業時間 9:00~20:00
定休日:日曜日
ネット、LINEのお申込みは24時間365日対応
当店監修のシャンプー・育毛剤の購入はこちら

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の発毛技能士のsou先生こと中里聡一郎と申します。 「薄毛の悩みを取り除き、発毛による喜びに満ちた人生の実現」 をビジョンとして、薄毛に悩む人々の豊かな人生に日々貢献しています。 【資格】発毛技能士、毛髪診断士、調理師、1級ヘッドマッサージ講座修了 【協力】スキンケア大学アドバイザー、モノシル 【店舗情報】 大阪の寝屋川市にある開業9年目を越えたメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に病院、クリニックの薬を使わずに、ホームケアと施術による頭皮改善で髪の毛を生やすことを成功しています。 内服薬を使用しない方針のため、副作用の心配がないと好評です。 【著者の過去】 高校の頃から薄毛に悩み、20歳の誕生日でミノキシジルの発毛剤を購入。以降、育毛剤、育毛シャンプー、個人輸入の薬等、様々な薄毛対策に取り組むが根本的な解決に至らなかった過去を持つ。 たまたま妻が発毛サロンをオープンしたことをきっかけに、自ら発毛メソッドを習得・実践して薄毛の悩みを見事克服。 それ以来、およそ9年間、薄毛治療の発毛特化型サロンとして運営。近隣の枚方や守口はもちろん、京都や和歌山からの遠方から2時間かけて来店されるお客様もおられます。現役医師や芸能人も来店するサロンとして老若男女の薄毛で悩む方の駆け込み寺となっています。