ワックスを使うと薄毛になる!?【実験画像有り】

ワックスと薄毛

人は見た目が9割と言われるこの時代。

「ボサボサの髪では人前に出れません。絶対に人前ではワックスは必要です!」

と断言する方も多いです。確かに特に男性にとってヘアワックスは身だしなみの一部です。
仕事柄ヘアワックスが欠かせない営業マンやオシャレに敏感な男性はよく使われていますよね。

一方で

「ワックスは髪や頭皮に良くない気がする…」

と薄毛の懸念材料として考えている方もは多いのでないでしょうか?

発毛王
ワシはワックス無しでもセットはバッチリじゃぞ!
sou先生
むしろ発毛王さんはそれが個性ですよね…。
今回は”ワックスと薄毛”をテーマにお伝えします。

ワックスの成分って何?薄毛への影響は?

薄毛原因のワックスは洗剤と同じ

ヘアワックスは油分が主成分となっております。他にも以下成分が含まれています。

①水
②界面活性剤
③アルコール
④シリコン
➄防腐剤
⑥香料

この中で注意が必要なのは、界面活性剤と防腐剤です。
界面活性剤は先に述べたように洗剤で頭の汚れを洗っているようなものです。防腐剤はごく少量(法律上1%未満の配合量の規定あり)ですがワックスに含まれています。
1%未満は人体への影響はほとんどないと言われています。しかしながら防腐剤は別の言い方をすると殺菌剤です。例としてメチルパラベン、プロピルパラベン等があります。

頭皮のことを考えると極力ワックスは使わない方が良いと言えます。

薄毛の原因になるワックスの危険な使い方3選

ヘアワックスは、少量程度で正しいケアを行えばそこまで頭皮に関する影響はそこまで大きくはありません。

しかしながら、誤った使い方をしてしまうと頭皮に大きなダメージを与えてしまい、抜け毛の原因になってしまいます。

論より証拠です。

sou先生
実際に私自身がワックスをつけてみました。
ワックスと薄毛

上の写真のように1円玉サイズほどのワックスの量を使いました。美容室等でセットされるときでも少なくとも同程度の量は使いますよね。

左がワックスをつけていない髪、右がワックスをつけた写真です。

ワックスと薄毛で髪に塗布

ワックスの成分が髪にベットリと付着している様子がわかりますよね。
ワックスは油性であり、髪に絡まることで髪に束感やツヤが出てセットしやすくするからなんです。

では頭皮の状態はどうなっているのでしょうか?

私の頭頂部付近の80倍のマイクロスコープ画像です。
写真中央にある茶色はホクロで、撮影の目印にしています。
髪はベタっと束感がありますが、頭皮に油の膜のようなものがついていることがわかります。

さらにホクロを300倍に拡大してみます。

ホクロが油の膜でベットリとコーティングされている様子がわかります。

今回、あえて皆様もやりがちなワックスの使い方をしました。
今からついついやりがちなワックスの使い方について説明します。もし同じ使い方をしていたら頭皮ダメージに注意が必要です。

頭皮に直接つけている

ワックスを髪の根もとからつけている。つまり頭皮にワックスをつけてしまうと、ワックスの成分である”界面活性剤”が頭皮についてしまうことになります。
すると、例えるなら洗剤を頭皮につけたままの状態で一日過ごすことになってしまいます。そして、ワックスはほこりや有害物質と吸着してしまいます。
頭皮から界面活性剤等の有害物質は吸収してしまうため、むくみや炎症といった頭皮環境が悪化する原因となってしまいます。

そして写真でお伝えしたように油の膜でコーティングしてしまうので毛穴が塞がり、呼吸できなくなってしまいます。きちんと頭皮のワックスを落とさないと育毛剤を使ってもほとんど浸透しない状態になりかねません。

ワックスを一日中つけている

忙しいビジネスマンやオシャレに敏感な人ほど、付き合いも多いことでしょう。そうなると家に帰るが遅くなり、お風呂にも入らず、ワックスをつけたまま寝落ち
睡眠中にワックスがついている状態は頭皮が窒息状態です。そして寝相による髪の摩擦のダメージを直接受けてしまいます。

ワックスを十分に洗い落とせていない

ワックスは油脂でできていますが水と油は交わりにくいです。シャンプーすることで初めて髪や頭皮に付着したワックスを落とすことができます。
しかしながら、ベットリとついたワックスを落とすためには洗浄力の強いシャンプ

を使ったり、強くこする必要があります。
そうなるとせっかく生えている産毛が抜けてしまう原因になりかねません。

薄毛になりにくいワックスの付け方とセット方法は?

改めて結論を申し上げます。

薄毛が気になる方はワックスをつけるべきではありません

そんな!営業職なので仕事でどうしてもつけないといけないんです!

確かに薄毛の男性に対してワックスを禁止するのは酷な話です。
今回は少しでも薄毛男性に安心していただくように、ワックスの付け方とセット方法を紹介します。

毛先を遊ばせる程度に少量つける

ワックスが地肌につく量を減らすことが重要です。どうしてもセットがゆるくなってしまいますが、薄毛のリスクを考えるとワックスは毛先に少量がポイントです。

長期間のワックスつけっぱなしは絶対に避ける

特に付き合いで飲み会等が入った日は自宅で寝落ちをしないようにご注意ください。翌朝にシャンプーすると抜け毛がごっそりとでることでしょう。当店のお客様も何度か寝落ちしてしまって激しく後悔されていました。

ワックスをつけた日は特に丁寧にシャンプーする

一日ワックスをつけた状態だと髪にほこりが付着しています。汚れた状態でいきなりシャンプー剤をつけて、ごしごしと洗うのはNGです。
まずはたっぷりのぬるま湯で3分程度はすすいで汚れを落としてください。ワックスで固まった髪はシャンプーを泡立てて、絡まりをほどくように優しく泡で洗ってください。

薄毛対策になるオーガニックワックス

薄毛にオーガニックワックス

ワックスが頭皮に付着した際に頭皮ダメージのリスクを減らすことも薄毛対策の一つです。
オススメのワックスはオーガニックワックスです。あまり聞きなじみがないかもしれませんが、インターネットで検索するとたくさん出てきます。
天然由来成分であり、ハンドクリームにも使えるような安全安心なものばかりです。
価格は通常のワックスよりも少しお高めですが、薄毛で悩まれている方は試してみてもいいと思います。

まとめ

以上のように、今回は男性が日常的に使う整髪料の”ワックス”についてお伝えしました。
薄毛を隠すためにワックスを使うことは意味がなく、むしろ薄毛を促進させていることを分かって頂けたかと思います。
上手にワックスと付き合って、薄毛対策を実践していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の発毛技能士のsou先生こと中里聡一郎と申します。 「薄毛の悩みを取り除き、発毛による喜びに満ちた人生の実現」 をビジョンとして、薄毛に悩む人々の豊かな人生に日々貢献しています。 【資格】発毛技能士、毛髪診断士、調理師 【店舗情報】 大阪の寝屋川市にある開業6年目を越えたメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に病院、クリニックの薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを成功しています。 内服薬を使用しないため、副作用の心配がないと好評です。 【著者の過去】 高校の頃から薄毛に悩み、20歳の誕生日でミノキシジルの発毛剤を購入。以降、育毛剤、育毛シャンプー、個人輸入の薬等、様々な薄毛対策に取り組むが根本的な解決に至らなかった過去を持つ。 たまたま妻が発毛サロンをオープンしたことをきっかけに、自ら発毛メソッドを習得・実践して薄毛の悩みを見事克服。 それ以来、およそ6年間、薄毛治療の発毛特化型サロンとして運営。お客様は近隣の枚方や守口はもちろん、京都や和歌山からの遠方から2時間かけて来店されています。現役医師や芸能人も来店するサロンとして老若男女の薄毛で悩む方の駆け込み寺となっている。