母方?父方?AGAはどちらから遺伝するの?

隔世遺伝とか言われるけどAGAは遺伝するってホント?

お父さんがハゲていると自分もハゲるんじゃないか?と不安を抱いている男性は多いんじゃないでしょうか?

答えはYES。AGAは遺伝します。

AGAがなぜ遺伝すると言われているのでしょうか?

 

AGA脱毛シグナル感度は遺伝する!

AGAは遺伝する

AGA「男性型脱毛症」の原因のひとつに遺伝があります。

AGAの直接的原因は主に

・男性ホルモン過剰分泌
・5αリダクターゼの活性化
・アンドロゲンレセプターの感度

と、言われています。

AGAはと5αリダクターゼが結合し悪玉男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変換され、脱毛シグナルをだすことにより、ヘアサイクルが乱れ成長途中の髪の毛が抜けてしまう脱毛症のことを言います。

脱毛シグナルを受け取る電波塔のようなものが、アンドロゲンレセプター(AR)です。

アンドロゲンレセプター(AR)の感度が高い人ほどAGAになりやすく、その感受性を決めるAR遺伝子は遺伝します。

AGAの遺伝はARの感度アンドロゲンレセプター(AR)の感度が高いと脱毛シグナルを受け取りやすくなるということです。

AGAは誰から遺伝する?

AR遺伝子の感度がAGAの遺伝に大きく関係することはわかったけど、、、
そのAR遺伝子って父方から?母方?どっちから遺伝するの?

まず、人間の体は父方から23本の染色体、母方から23本の染色体をもらい、23組46本の染色体でできています。男性なら「XY]という染色体を、女性は「XX」という染色体を持っているのはご存知ですね!

AGAが遺伝と言われるアンドロゲンレセプター(AR)遺伝子は、X染色体上にあります。

例えば、男性の場合は父親からはY染色体、母親からは二つあるX染色体のどちらか一方をもらいます。アンドロゲンレセプター(AR)遺伝子はX染色体上にしかない為、母親のアンドロゲンレセプター(AR)遺伝子が遺伝することになります。

kazuko先生
母方の隔世遺伝と言われるのはこうしたとこからきているんですね!

例えば下の家系図のように、母方の祖父が高感度のアンドロゲンレセプター(AR)遺伝子を持っていたなら、薄毛遺伝子は母に遺伝されます

男性の場合x染色体は父親からではなく、母親から遺伝されるので祖父から母へ母から子へ高感度のAR遺伝子が受け継がれることになります。

ただ、弟は母親から薄毛遺伝子でないX染色体をもらい、自分は薄毛遺伝子のX染色体をもらった場合、遺伝だけで言うと兄弟でもAGAのリスクが違ってくるのです。

 

AGA遺伝家系図

 

※高感度のAR遺伝子には、AGAの表記で分かりやすくしています。

AGAの遺伝にはAR遺伝子が大きく関係していることから、母方の薄毛が遺伝する。」と言われています。

AGAの原因には他にも父親からの遺伝が強いものもありますが、まだ研究段階ではっきりとした遺伝子はこのAR遺伝子だけです。

母方の祖父の薄毛がAGAの症状なのか、自分も症状がでているかどうか気になる方は下記を参考にして下さい!

AGAで考えられる症状とは?

2019年7月2日

AGAが遺伝してるかどうか知る方法は?

AGA遺伝子検査

AGAが遺伝すると聞くと自分は大丈夫なのか?不安になりますよね?

遺伝しているか知る方法として、遺伝子検査があります。

最近では、AGAの遺伝子検査は皮膚科医などの病院や専門クリニックなど以外に市販の検査キットを購入し自宅で簡単に遺伝子検査を行うことができます。

遺伝子検査

<遺伝子検査キット>

購入方法 :インターネット、ドラッグストアなどで購入
料金       :10000円前後~
やり方  :(スワプ式、唾液式)綿棒で頬の内側をこすり唾液を採取し、検査会社に返送する。
検査結果 :数週間~一か月で自宅に届く

AGAの遺伝子検査は口の中の粘膜を使うので、ご自宅で簡単に採取することが出来ます。

遺伝子キットでの検査は手軽に購入し調べることが出来ますが、検査結果など書面で簡易的に届くだけのものが多く後のリスクなどわかりづらく、後のフォローがない。

<病院で遺伝子検査>
・皮膚科など病院
約10000円~20000円と料金は安めですが、専門的なアドバイスがなく薬を処方されて終わる場合が多い。
・AGA専門クリニック
約20000円~30000円と高めですが、専門的アドバイスを受けれる。

どちらも薬の服用による治療になります。

遺伝子検査で何を調べるの?

AGA遺伝子検査では以下のものを調べることが出来ます。

1、AGAの原因といわれてるアンドロゲン受容体の遺伝子(CAGとGGCのリピート数の和)
2、一般的にAGA治療で使用するフィナステリドが体質に合うか

1は、「CAG・GGC」のリピート数の和からAGAを発症するリスクの程度を検査するものですが、AGAに関する遺伝子は全ては解明されておらず、医学的には有用ではないとの見方もあります。

2に関しては、CAGの独自リピート数からAGAを治療した際のフィナステリドが有効に作用するかどうかの判断基準の参考にはなりそうです。


ただし、検査はあくまで可能性という事であって、必ずAGAになるというものではありません。

AGAが遺伝してたら治らない?

遺伝するAGA

AGAのメカニズムは解明されています。

AGAは確かに遺伝的要素はありますが、生活習慣・食生活・ストレス・血行不良・間違ったヘアケアなど複合的要因で頭皮環境を悪化させ発症してしまっているのです。

遺伝しているかも?

遺伝子検査でリスクが高いという結果が出たけどどうしたらいいかわからない!

と、遺伝的リスクが心配な方はAGAを予防することが出来ます。

予防について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

AGAは予防で防げるのか?

2019年6月20日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の発毛技能士のsou先生こと中里聡一郎と申します。 「薄毛の悩みを取り除き、発毛による喜びに満ちた人生の実現」 をビジョンとして、薄毛に悩む人々の豊かな人生に日々貢献しています。 【資格】発毛技能士、毛髪診断士、調理師 【店舗情報】 大阪の寝屋川市にある開業6年目を越えたメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に病院、クリニックの薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを成功しています。 内服薬を使用しないため、副作用の心配がないと好評です。 【著者の過去】 高校の頃から薄毛に悩み、20歳の誕生日でミノキシジルの発毛剤を購入。以降、育毛剤、育毛シャンプー、個人輸入の薬等、様々な薄毛対策に取り組むが根本的な解決に至らなかった過去を持つ。 たまたま妻が発毛サロンをオープンしたことをきっかけに、自ら発毛メソッドを習得・実践して薄毛の悩みを見事克服。 それ以来、およそ6年間、薄毛治療の発毛特化型サロンとして運営。お客様は近隣の枚方や守口はもちろん、京都や和歌山からの遠方から2時間かけて来店されています。現役医師や芸能人も来店するサロンとして老若男女の薄毛で悩む方の駆け込み寺となっている。