AGAは予防で防げるのか?予防をする具体的な方法を紹介!

薄毛で悩む男性の90%がAGA「男性型脱毛症」と言われるほど、AGAは世の男性を不安にさせる存在です。

AGAを予防する手段はあるのでしょうか?

AGAとは、男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結合することによって悪玉男性ホルモンへと変化し、毛乳頭を攻撃し、ヘアサイクルを乱す脱毛症のことをA言います

なぜ、AGAの発症時期が人によってバラツキがあるのですか?

sou先生
男性ホルモンと5αリダクターゼの分泌量などは、遺伝など体質と言われていますが、AGAは複合的要因によってAGAのスイッチが入ってしまう為、生活スタイルなんかで年齢にもバラツキがあるんですよ!

まずは、スイッチがONにならないよう予防していきましょう!

AGAスイッチ

AGA予防策

AGAの予防策としては,AGAは遺伝的要素が高いと言われていますが、間接的要因の食生活・生活習慣・ストレス・血行不良・間違ったヘアケアの改善で予防することが出来ます。

頭皮を清潔に保つ

まず、予防として頭皮を清潔に保つことが大切です。

頭皮に皮脂が詰まったり汚れたまま長時間放置すると雑菌などが増殖しAGAの進行を早める原因になります。

・シャンプーで毎日汚れを落とす。
・枕カバーは毎日取り換える。
・帽子など着用される場合はこまめに洗う。
・汗をかいたまま放置しない。

予防として特に、毎日使うシャンプー選びが重要です。合成海面活性剤入りなど洗浄力の強いシャンプーは過剰に皮脂を取り過ぎてしまいます。皮脂の取り過ぎは乾燥の原因となり、乾燥を防ごうと皮脂が過剰に分泌され頭皮環境を悪化させる原因になります。

アミノ酸系シャンプーなど頭皮に優しいものを選ぶことがAGA予防には欠かせません。

バランスの取れた食事

AGAを予防するのに重要なのが食事です。食事は直接髪の毛を作るうえで大切な栄養を摂る手段になります。偏った食事は皮脂の過剰分泌や栄養不足になり、AGAだけでなく薄毛を悪化させます。

亜鉛・イソフラボンの摂取は髪の毛を作るうえで重要な栄養素であり、5αリダクターゼを抑制する栄養素としても効果的で、AGA予防には欠かせない栄養素となりますが、亜鉛は1日の上限の摂取量がきめられており、過剰摂取には気を付けましょう。

バランスの良い食事に気を付けることがAGA予防に繋がります。

AGA予防に火不要な栄養素

アルコール・喫煙を控える

アルコールの分解時にビタミン、ミネラルや5αリダクターゼを抑制する亜鉛も消費される為、AGA予防をするならアルコールは控えましょう。

喫煙すると活性酸素が増え、それを分解する時に亜鉛を消費します。喫煙すると血管も収縮するなど血流にもよくありません。喫煙は健康面を考えるうえでも良くありません。AGA予防を機に本数を減らすなど体のことを考えてみてはどうでしょうか?

ストレスを溜めない

AGA予防とストレス

ストレスは活性酸素が増え、それを分解する時に亜鉛が消費されます

ストレスは自律神経を乱します。自律神経は血流をコントロールしている為、自律神経が乱れると血の巡りが悪くなったり、ホルモンバランスを乱します。自律神経が乱れると質の良い睡眠をとることが出来ず、予防どころかAGAを悪化させる原因になります。

ストレス社会と言われる時代、ストレスから逃げることは出来ないのが現実です。
自分なりの発散方法を見つけ、ストレスを溜め込まないようにするのがAGA予防に繋がります。

適度に気分転換しランニングなど趣味を持つのもお勧めです。

紫外線対策

紫外線対策でAGA予防

AGA予防には紫外線対策が欠かせません。紫外線も頭皮環境を悪化させる要因の一つで、頭皮は皮脂腺が多く体の中で一番高い位置にあることから非常に紫外線を浴びやすく日焼けしやすい場所です。

頭皮環境が悪化しないためのの予防策としてし紫外線の強い日は帽子を被るなど紫外線対策をしましょう。

質の良い睡眠

AGA予防と睡眠

 

睡眠は時間よりも質が大切です。寝入ってから2~3時間成長ホルモンが分泌されます。細胞の修復など、肌などの新陳代謝など髪の毛の成長にも成長ホルモンが影響します。

睡眠の質が良くないと成長ホルモンが十分に分泌されません。

AGAの予防には質の良い睡眠をとるには、昼の交感神経(戦闘モード)からリラックスモードの副交感神経切り替えることが大事です。交感神経が優位に立っていると興奮状態となり、質の良い睡眠をとることが出来ません。

効果的なことは以下の通りです。

  • 体内時計のリセット(起床時太陽を浴びる)
  • 湯舟に浸かる(ぬるめのお湯38度~41度)
  • 軽いストレッチや音楽・アロマなどでリラックスモード
  • 寝る3時間以上前には食事をすませる(寝る前までに胃腸を休める)
  • カフェインの取り過ぎない
  • 寝る前にスマートホンやパソコンを見ない

規則正しい生活をし、質の良い睡眠をとりましょう。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージとAGA予防

頭皮マッサージは血行が良くなり髪に栄養が送られるだけでなく、刺激そのものが発毛効果があることがわかっています。刺激が毛乳頭に髪の毛が生えるように指示を出すのです。

日頃から頭皮マッサージで毛乳頭を刺激しAGA予防しましょう。
湯舟に浸かるなど体を温めてから下から順に上に向かってマッサージすると血流もよくなり予防により効果的です。

抜け毛・髪質チェックでAGA予防効果!

kazuko先生
AGAの予防方法はお分かりいただけました?
もうすでに初期症状に入っている場合、予防だけでは不十分な可能性があります。

抜け毛などで初期症状に入っているかチェックすることが出来ます!

  • 最近抜け毛が増えた。
  • 抜け毛の中に短い細い毛が多い
  • 側頭部や頭頂部などによって髪の硬さや細さに違いを感じる。

このようなことはありませんか?

人間の髪の毛は1日に100本抜けると言われています。
抜け毛を過剰に気にすることはありませんが、その抜け毛が成長途中に抜けた細く短い毛が多いことが問題です。

問題の原因は、AGAがヘアサイクルを乱し通常2~6年ある成長期の髪の毛が数か月~1年という短いサイクルで抜けてしまうという特徴があるからです。

髪の毛の生えている部分によって髪の毛の硬さに違いを感じるということは初期症状に入っている可能性が高いです。

以前と比べて髪の毛に違和感を感じるなど初期症状が疑われる場合、早めの専門科への相談をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の発毛技能士のsou先生こと中里聡一郎と申します。 「薄毛の悩みを取り除き、発毛による喜びに満ちた人生の実現」 をビジョンとして、薄毛に悩む人々の豊かな人生に日々貢献しています。 【資格】発毛技能士、毛髪診断士、調理師 【店舗情報】 大阪の寝屋川市にある開業6年目を越えたメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に病院、クリニックの薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを成功しています。 内服薬を使用しないため、副作用の心配がないと好評です。 【著者の過去】 高校の頃から薄毛に悩み、20歳の誕生日でミノキシジルの発毛剤を購入。以降、育毛剤、育毛シャンプー、個人輸入の薬等、様々な薄毛対策に取り組むが根本的な解決に至らなかった過去を持つ。 たまたま妻が発毛サロンをオープンしたことをきっかけに、自ら発毛メソッドを習得・実践して薄毛の悩みを見事克服。 それ以来、およそ6年間、薄毛治療の発毛特化型サロンとして運営。お客様は近隣の枚方や守口はもちろん、京都や和歌山からの遠方から2時間かけて来店されています。現役医師や芸能人も来店するサロンとして老若男女の薄毛で悩む方の駆け込み寺となっている。