【即実践】AGAを予防するために今日からできる具体的方法

AGA(男性型脱毛症)は薄毛で悩む男性の90%が発症していると言われています。
予防医療が進む時代ですが、AGAを予防する手段はあるのでしょうか?

AGAは男性ホルモンが5αリダクターゼと結合して悪玉男性ホルモンへと変化し、毛周期を乱す脱毛症のことです

実際にAGAを予防することができるのですか?
sou先生
AGAは予防できます。AGAのスイッチが入らないようにAGAを予防する生活習慣を取り入れることが重要です。

AGAのスイッチがONにならないよう、日々の生活習慣でAGAの予防をすることが重要になります。

AGAスイッチ

AGAを予防するための具体的方法

AGAは遺伝的要素が高いと言われています。
しかしながら、間接的要因の以下項目をAGAの予防方法として実践することで抜け毛を減らし、将来的なAGAを予防することができます。

  • 頭皮を改善すること
  • バランスの取れた食生活
  • アルコール、飲酒を控える
  • ストレスをためない
  • 紫外線対策
  • 睡眠

それでは、AGAの予防に必要な各項目について説明します。

AGAを予防できる頭皮改善方法

まず、AGAの予防として頭皮を改善して頭皮を清潔に保つことが大切です。
頭皮に皮脂が詰まったり、汚れたまま長時間放置すると雑菌が増殖します。
結果としてAGAの進行を早めてしまい予防ができなくなってしまいます。

シャンプーは毎日、質にもこだわる

よく抜け毛が気になるのでシャンプーを2日に1回したり、逆に朝晩洗ったりする方がおられます。これらはAGA予防の観点からするとNGです。
2日に1回では洗えなさすぎ、朝晩は洗いすぎです。
AGA予防のためにはシャンプーは夜に一日の汚れを洗い流す目的で行います。

AGAの予防のためにどのようなシャンプーを使うかは重要です。
ドラックストアーで購入できるような安い大量生産されているシャンプーはAGAの予防には向いていません。合成界面活性剤が入っており、洗浄力が非常に強く過剰に皮脂を取り過ぎてしまいます。
皮脂の取り過ぎは乾燥の原因となり、乾燥を防ごうと皮脂が過剰に分泌され頭皮環境を悪化させる原因になります。
アミノ酸系シャンプーなど頭皮に優しいものを選ぶことがAGAの予防には欠かせません。

シャンプー時に頭皮マッサージ

頭皮マッサージとAGA予防

毎日のシャンプーですのでAGAの予防のために一緒に頭皮マッサージもしましょう。
頭皮マッサージは血行が良くなり髪に栄養が送られるだけでなく、刺激そのものが発毛効果があるため、AGAの予防にも効果的です。

AGAを予防するためにシャンプー時に頭皮マッサージも併用してみましょう。
湯舟に浸かり体を温めてから頭皮の下から順に上に向かってマッサージすると血流もよくなりAGAの予防には更に効果があります。

頭皮を清潔に保つ工夫をしよう

汗は雑菌の温床です。汗を繰り返しかいてしまうと雑菌が繁殖してしまいます。
AGAを予防するためには雑菌が多い状態はかゆみの原因にも繋がりますのでNGです。
頭皮を清潔に保つためのAGA予防方法として下記を実践してみましょう。

  • 枕カバーは毎日取り換える
  • 帽子など着用される場合はこまめに洗う
  • 汗をかいたまま放置しない

AGAを予防する食べ物は?

次にAGAを予防するのに重要なのが食べ物です。
食べ物は直接髪の毛を作るうえで大切な栄養を摂る手段になります。
偏った食べ物は皮脂の過剰分泌や栄養不足になり、AGAを悪化させます。

AGAの予防にオススメな栄養素が亜鉛・イソフラボンです。
髪の毛を作る重要な栄養素であり、AGAの原因となる5αリダクターゼを抑制する栄養素としても効果的です。

AGAを予防するために心掛けることはバランスの良い食べ物を摂取することです。
AGAを予防のために良い食べ物、悪い食べ物は以下リンクにまとめていますのでご参考ください。

薄毛によい食べ物

【即実践】薄毛に良い食べ物と悪い食べ物とは?髪によい食べ方も知ろう

2019年10月26日

AGA予防のためにアルコールを控え、喫煙しない

AGAの予防を考えると飲酒、喫煙にも気を付けなければいけません。

まずは飲酒です。アルコールの分解時にビタミン、ミネラルや5αリダクターゼを抑制する亜鉛も消費される為、AGAを予防したいならアルコールは控えましょう。アルコールは睡眠の質が下がりますので適度に休肝日を入れることはAGAの予防にオススメです。

次は喫煙です。喫煙つまりタバコはAGAの予防とは対極の行為です。
喫煙すると活性酸素が増え、それを分解する時に亜鉛を消費します。
喫煙すると血管も収縮するなど血流にもよくありません。
喫煙は健康面を考えるうえでも良くないことは言わずもがなです。

AGAの予防はもちろん、体のことを考えて禁煙を決意することをオススメします。

AGA予防にはストレスをためず、解消方法をもつ

AGA予防とストレス

AGAの予防のためにはストレス対策も必要です。
後から述べる睡眠にも影響があります。ストレスは自律神経を乱します。自律神経が乱れると血の巡りが悪くなったり、ホルモンバランスが乱れてしまいます。
自律神経が乱れると質の良い睡眠をとることが出来ず、予防どころかAGAを悪化させる原因になります。

AGAを予防するためにはストレスの自分なりの発散方法を見つけ、ためないようにすることです。ストレスについて詳しく知りたい方は次をお読みください。

ストレスによる薄毛の3つの原因と具体的対策とは?

2019年6月19日

AGAの予防のために頭皮への紫外線は避ける

紫外線対策でAGA予防

AGAの予防には紫外線対策が欠かせません。
紫外線は頭皮環境を悪化させる要因の一つで、頭皮は皮脂腺が多く体の中で一番高い位置にあることから非常に紫外線を浴びやすく日焼けしやすい場所です。

紫外線対策として日中は帽子をかぶる工夫をしましょう。
帽子は清潔に保つことはお忘れないようお願いします。

AGAを予防する睡眠方法

AGA予防と睡眠

AGAを予防するためには睡眠の改善も必要です。
睡眠は時間よりも質が大切です。寝入ってから2~3時間で成長ホルモンが分泌されます。AGAの予防のために交感神経を副交感神経に切り替えて質の良い睡眠をとるよう心がけましょう。

以下の質の良い睡眠をとる具体行動を取り入れてAGAの予防に努めてみてください。

  • 体内時計をリセット(起床時に太陽を浴びる)
  • 湯舟に浸かる(ぬるめのお湯38度~41度)
  • 軽いストレッチや音楽・アロマなどでリラックスモード
  • 寝る3時間以上前には食事をすませる(寝る前までに胃腸を休める)
  • カフェインを取り過ぎない
  • 寝る前にスマートホンやパソコンを見ない

AGAの予防に限界を感じたときのチェック方法

kazuko先生
AGAの予防方法はお分かりいただけましたか?
AGAのスイッチが入っていなければ予防によって、スイッチのタイミングを遅らせることはできます。
しかしながら、スイッチが入っている場合、AGAの予防だけでは不十分な可能性があります。

AGAのスイッチは抜け毛の量と質でチェックすることができます。
以下項目は典型的なAGAの症状であり、予防だけでは対処できない可能性があります。

  • 床に落ちている抜け毛が増えた気がする
  • 手ぐしですぐに抜けてしまう
  • 抜け毛の中に短い細い毛が多い

誤解をしてほしくないのが、AGAでなくても髪の毛は1日に50~100本は抜けます。
問題は細く短い毛が多くなることです。
これはAGAによって毛周期が乱れてしまい、通常2~6年ある成長期が数か月~1年という短いサイクルで抜けてしまうことが原因です。

昔と比べて抜け毛の量と質が変わってきたなと感じてきたら、髪のボリュームや透け感も変わってきています。AGAは進行性です。AGAの予防に限界を感じたらお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の発毛技能士のsou先生こと中里聡一郎と申します。 「薄毛の悩みを取り除き、発毛による喜びに満ちた人生の実現」 をビジョンとして、薄毛に悩む人々の豊かな人生に日々貢献しています。 【資格】発毛技能士、毛髪診断士、調理師 【店舗情報】 大阪の寝屋川市にある開業6年目を越えたメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に病院、クリニックの薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを成功しています。 内服薬を使用しないため、副作用の心配がないと好評です。 【著者の過去】 高校の頃から薄毛に悩み、20歳の誕生日でミノキシジルの発毛剤を購入。以降、育毛剤、育毛シャンプー、個人輸入の薬等、様々な薄毛対策に取り組むが根本的な解決に至らなかった過去を持つ。 たまたま妻が発毛サロンをオープンしたことをきっかけに、自ら発毛メソッドを習得・実践して薄毛の悩みを見事克服。 それ以来、およそ6年間、薄毛治療の発毛特化型サロンとして運営。お客様は近隣の枚方や守口はもちろん、京都や和歌山からの遠方から2時間かけて来店されています。現役医師や芸能人も来店するサロンとして老若男女の薄毛で悩む方の駆け込み寺となっている。