【事実】中学生でも薄毛になる原因と改善方法を徹底解説

中学生の薄毛
  • 最近、中学生のこどもが薄毛に悩んでいるみたい
  • 中学生くらいの若い子でも薄毛になるの?
  • なにか具体的な改善方法はあるの?

中学生でも髪が薄くて悩んでいるケースは意外と多いです。

今回の結論はこちらです。

中学生でも薄毛になります。まさか自分の子が…と思う気持ちはわかりますが、薄毛改善はできますのでご安心ください。

当店でもお問合わせが多いのは中学生のお子様を持つお父さんお母さんからです。(特にお母さん)

お子様の悩みを聞いて、ひとまずお試し体験で話を聞きにこられます。

中学生でも薄毛になる原因の一つは合成界面活性剤たっぷりのシャンプーを使うことです。

成長期にともない皮脂が過剰分泌しやすくなるのに、頭皮に合わないシャンプーを使うことでさらに頭皮環境を悪くしてしまいます。

この記事では中学生でも薄毛になってしまう原因や、どのような対策をすれば改善するかを詳しく解説します。

正しい対策をとれば将来の予防にもなり、薄毛改善もできます。

ぜひ正しい対策を身につけていきましょう。

中学生の薄毛の特徴とは?

中学生の薄毛の特徴は?

中学生の薄毛で特徴的なのはこの3つです。

  • 生え際が後退しておでこが広くなってきた
  • つむじ周りが薄い
  • 全体的に地肌が見えている

順番に解説します。

生え際が後退しておでこが広くなってきた

 

中学生のおでこ

額の生え際が後退することで、おでこが広くなって薄毛となります。

生え際の後退のパターンも、生え際全体が後退していくパターン(O型)や額の端から後退していくパターン(M型)など複数あります。

さらに、生え際部分の毛が細く弱々しい状態が目立つのも特徴の一つです。

つむじ周りが薄い

中学生のつむじ

つむじ周辺の髪が少なく、地肌が目立つようであれば、薄毛と言えます。

鏡やスマホのカメラ機能などをつかって頭頂部(つむじ周辺)を確認してみてください。

明らかに地肌が出ていたり、赤みがかった色をしている場合には注意が必要です。

自分で確認するのが難しい場合には、信頼できる友人や家族に相談して見てもらいましょう。

全体的にボリュームが減ってくる

抜け毛が増えてしまうことで、髪全体のボリュームが減り、地肌が見えている場合は薄毛の可能性が高いです。

とくに排水溝に髪がたまる回数が増えたり、ドライヤー後の落ちている抜け毛の本数が多いと感じたときは黄色信号です。

普段以上に髪の毛が抜けていないか確認してみてください。

中学生が薄毛になってしまう原因とは?

中学生の薄毛の原因は?

10代のうちから薄毛になってしまう原因として次の5つが挙げられます。

  1. 間違ったヘアケア
  2. 生活習慣の乱れ
  3. ストレス
  4. 遺伝
  5. AGA

これらの原因がいくつも重なった結果、薄毛になっていきます。

どれか1つを改善すれば薄毛は改善するわけではありません。

sou先生
100点満点を1つ出すのではなく、まずはどの項目についても平均点以上を出せるように心がけていきましょう。

それでは、順番に解説していきます。

間違ったヘアケア

市販のシャンプーは髪や頭皮に刺激となる成分が多く配合されていて、洗浄力が強すぎるものが多いです。

とくに中学生の時期だと成長期にともない、皮脂が過剰分泌しやすくなるため1日に何回もシャンプーしてしまう方は要注意です。

市販のシャンプーで何回もシャンプーをすると、頭皮環境が悪くなり抜け毛が増え、髪が薄くなります。

ほかにもヘアワックスなどの整髪料を使うことで、さらに薄毛へと近づいてしまいます。

こちらの記事でヘアワックスを付けると髪や頭皮がどのような状態になるか解説しています↓

ワックスを使うと薄毛になる!?【実験画像有り】

生活習慣の乱れ

中学生以降になると部活動や学校行事、友達との付き合いなどが増え、生活習慣が乱れやすくなります。

  • ファーストフードを食べる回数が増えた
  • 寝る時間が遅くなって、睡眠時間が短くなった
  • 長時間のSNS利用などで運動しなくなってきた

上記に当てはまるという人はすでに生活習慣が乱れている可能性が高いです。

このような生活を続けてしまうと「若ハゲ」と言われるように、若いうちに薄毛になるリスクがあります。

ストレス

ストレスは体内のホルモンバランスや自立神経を乱し、血液の流れを悪くします。

血液は髪の成長に必要な栄養をとどける働きがありますが、その働きが悪くなると髪は成長できずに抜けてしまうのです。

心身ともにまだまだ未熟な中学生は、めまぐるしく変わっていく環境の変化に不安を感じることもあります。

  • 部活動と学業とのバランス
  • 高校受験などの進路
  • SNSでの友人とのコミュニケーション など

多感な時期だからこそ、周囲の環境の変化に対する不安がストレスとなり、薄毛の原因につながってしまいます。

ストレスと薄毛の関係について詳しくはこちらの記事でまとめています↓

ストレスによる薄毛の3つの原因と具体的対策とは?

遺伝

若いうちから薄毛になる原因として、遺伝も挙げられます。

親族から受け継いだ遺伝子のなかに、薄毛になりやすい遺伝子というものが存在しているからです。

「遺伝が原因」と聞くとどうしようもないと諦めてしまうかもしれませんが、諦めなくて大丈夫です。

あくまでもなりやすいという可能性の話であって、予防や対策で十分に改善が望めます。

遺伝についてはこちらの記事を参考にしてください↓

遺伝で薄毛になる理由。遺伝の薄毛は治らない?

AGA

薄毛の原因として注意が必要なのがこのAGAです。

AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略称で、思春期以降の男性に見られる薄毛症状のことをいいます。

髪の毛には生えてから抜け落ちるまでのサイクル「毛周期」が存在しており、日々生えかわっています。

ところが、男性ホルモンの影響で本来のサイクルよりも早く髪が抜け落ちてしまうことで、薄毛となってしまうのです。

AGAについてより詳しくはこちらの記事でまとめています↓

AGAとは?AGAを知って抜け毛・薄毛の対策をしよう

中学生でもできる薄毛の対策とは?

中学生の薄毛対策

中学生で薄毛に悩まれているケースは、多くの場合、日常の過ごし方を見直すことで改善に向かいます。

具体的な方法は次の3つです。

  • 生活習慣の見直し
  • 正しいヘアケア
  • 専門家に相談

これらを意識すれば将来の薄毛予防にもなりますので、この機会にぜひ取り入れてみてください。

生活習慣の見直し

成長期の学生は、薄毛改善だけでなく、健全な体の成長のためにも規則正しい生活習慣が大切です。

  • 食事
  • 睡眠
  • 運動

この3つに分けてそれぞれ解説しますので、1つずつ取り組んでみましょう。

食事

薄毛対策の基本はバランスのよい食事です。

具体的には、和食を中心とした食生活を送るよう心がけていきましょう。

ファーストフードやコンビニでの食べ物は油や添加物が多く使われていて、食べすぎると薄毛になりやすいです。

どうしてもやめられないのであれば、まずは回数を減らすところから挑戦してみてください。

薄毛に効果的な食べ物についてはこちらの記事で解説しています↓

【即実践】薄毛に良い食べ物と、やめるべき薄毛が悪化する4つの食べ物習慣

睡眠

睡眠時間が短かったり寝る時間が遅かったりする人は、髪の毛が細く弱々しい、抜けやすい状態です。

睡眠は、体の細胞を回復させ、成長ホルモンの分泌をうながして健康的な髪を育てます。

厚生労働省によると、近年の子どもたちは生活の夜型化が進み、睡眠不足になっていると言われています。(厚生労働省:睡眠不足や睡眠障害、子どもへの大きな影響

きちんとした睡眠を取るためにも、まずは以下のことを試してみてください。

  • 寝る2時間前にお風呂に入る
  • 寝る前はスマホやPCはなるべく使わない
  • カフェインの多い飲みものを飲まない(エナジードリンクなど)

睡眠についてより詳しい内容はこちらで解説しています↓

【徹底解説】睡眠不足は薄毛になる?薄毛と睡眠の関係

運動

運動によるメリットは大きく次の2つです。

  • ストレス解消になる
  • からだの血流をよくする

汗をかいたり、息を切らすようなハードな運動じゃなくて大丈夫です。

家の周りをすこし散歩したり、軽いストレッチだけでも十分に効果があります。

まずは気軽に始められて習慣にできそうなところから挑戦してみてください。

大事なのは無理なく継続することです。

適切なヘアケア

シャンプー選びは非常に大切です。

髪の毛や頭皮を清潔に保つだけでなく、髪の毛が育つ頭皮の環境を作りあげます。

そこでオススメなのが、低刺激で保湿成分が配合されたアミノ酸系の育毛シャンプーです。

毎日直接、髪の毛や頭皮に触れるものなので、自分にあったものを使うようにしましょう。

シャンプーの選び方や洗髪の仕方についてこちらで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【育毛効果UPの基本】育毛に必要なシャンプーの選び方と発毛サロン直伝シャンプー方法を知ろう

専門家に相談

薄毛の対策として一番効果的で早いのは、専門家に相談することです。

実際に頭皮の状態や生活習慣などを確認できて、早く原因を見つけられるからです。

その後の具体的な対策なども直接アドバイスができるので、個々に合わせた対策ができます。

薄毛の進行が明らかな場合には、早めに相談するようにしましょう。

まとめ|中学生の薄毛は正しい知識を身につけて対策をしよう

中学生の薄毛は間違ったヘアケアや乱れた生活習慣などによって起こります。

シャンプーを見直して、ファーストフードの回数を減らし、しっかりと睡眠をとることで薄毛は改善します。

家族とも協力して、規則正しい生活を送るようにしてみてください。

自分1人で悩みを抱え込まずに、周囲の人に相談することが大事です。

周囲に相談しにくいという人は、まずは気軽に専門家に相談してみてください。

【お問合せ】

お問合せや、お試し体験は下記よりお気軽にお申込みください。

072-833-9696:電話受付時間 9:00~19:00
営業時間 9:00~20:00
定休日:日曜日
ネット、LINEのお申込みは24時間365日対応
当店監修のシャンプー・育毛剤の購入はこちら

 

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の発毛技能士のsou先生こと中里聡一郎と申します。 「薄毛の悩みを取り除き、発毛による喜びに満ちた人生の実現」 をビジョンとして、薄毛に悩む人々の豊かな人生に日々貢献しています。 【資格】発毛技能士、毛髪診断士、調理師、1級ヘッドマッサージ講座修了 【協力】スキンケア大学アドバイザー、モノシル 【店舗情報】 大阪の寝屋川市にある開業9年目を越えたメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に病院、クリニックの薬を使わずに、ホームケアと施術による頭皮改善で髪の毛を生やすことを成功しています。 内服薬を使用しない方針のため、副作用の心配がないと好評です。 【著者の過去】 高校の頃から薄毛に悩み、20歳の誕生日でミノキシジルの発毛剤を購入。以降、育毛剤、育毛シャンプー、個人輸入の薬等、様々な薄毛対策に取り組むが根本的な解決に至らなかった過去を持つ。 たまたま妻が発毛サロンをオープンしたことをきっかけに、自ら発毛メソッドを習得・実践して薄毛の悩みを見事克服。 それ以来、およそ9年間、薄毛治療の発毛特化型サロンとして運営。近隣の枚方や守口はもちろん、京都や和歌山からの遠方から2時間かけて来店されるお客様もおられます。現役医師や芸能人も来店するサロンとして老若男女の薄毛で悩む方の駆け込み寺となっています。