AGA(男性型脱毛症)の原因は遺伝だけじゃない?

AGAの原因

AGA(男性脱毛症)は、男性ホルモンの影響によって毛髪が十分に発毛するよりも先に抜け落ちて薄毛になる脱毛症です。

AGAの発症原因には、遺伝が関係しているといわれていますが、具体的に何がどのように影響しているのでしょうか?

そしてAGAの原因は遺伝の他に何が関係しているのかについても解説しています。

発毛王
AGAの原因は専門用語が多いので、今回は少し文字が多いぞ

AGAの原因は遺伝?男性ホルモン?

AGAの発症原因は遺伝だといわれていますが、具体的には男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」が直接的な原因になっています。

DHTとは、男性ホルモンのテストステロンがⅡ型5aリクターゼ(以下、5a還元酵素)と結び付くことによって変換された物質です。テストステロンには脱毛作用はありませんが、DHTには高い脱毛作用があります。

これだけでも、AGAの原因として十分に感じますが、DHTはどのようにAGAに関係しているのでしょうか。

AGAは、DHT単体が原因になっているわけではありません。
毛乳頭内のアンドロゲンレセプターという受容体と結合して、ヘアサイクルを調整する毛母細胞に「脱毛」の指令が伝わることで、毛髪の成長サイクルを乱しているのです。

通常は、発毛すると太くしっかりとした毛へと成長していきます。
ところが、DHTがアンドロゲンレセプターと結合すると、生えてきた毛が成長しきる前に「脱毛」しようと働くようになるのです。

アンドロゲンレセプターは側頭部や後頭部にはほとんどなく、その一方で頭頂部と額に多くあります。DHTとアンドロゲンレセプターが結合してヘアサイクルが乱れることでAGAが進行しますから、DHTはAGA発症の原因だといえます。

ただし、AGAの原因に関係するアンドロゲンレセプターと5a還元酵素の働きの強さには、それぞれ個人差があります。この差異は遺伝の影響を受けますから、AGAになる人となりにくい人がいるのはそのためです。

AGA「祖父の薄毛」は遺伝する!

2019年7月9日

AGAを引き起こす隠れた原因!?血液の酸素不足

AGA原因血流

AGAの原因には、血液の酸素不足も関係していると考えられています。AGAの症状が重度の男性は、軽度の男性と比べて赤血球の値が高いという研究結果があります。

赤血球の役割は、体中のいたるところへ酸素を運ぶことです。赤血球が少なければ、運べる酸素量も少なくなります。
それでは健康的な体を維持できませんから、酸素不足を補うために赤血球が増加して酸素量を増やそうとすることがあります。

赤血球が多くなると酸素も多く運ばれるのではと考えがちですが、実は多すぎる赤血球は血流を鈍らせる原因にもなるのです。発毛には、栄養や酸素が不可欠です。
ところが赤血球が増えて血流が鈍くなると、頭皮に届く栄養が酸素がなかなか届かない状況になります。その結果、酸素不足がAGAの原因になると考えられています。

赤血球が標準値よりも多くなるケースとしては、偏った食生活やストレス、喫煙習慣があることが挙げられます。
遺伝的にAGAを引き起こしやすい人が生活習慣や食生活の良くない状況を続けていると、AGAの発症を早める原因になることもあります。

AGAは遺伝のほかにも原因はあるのか?

AGA原因遺伝

AGAは遺伝性要因としてDHTが原因になりやすいものですが、このほか後天的な要因でもAGAを引き起こしたり、悪化させてしまうことはあります。

その最たるものとしては、生活習慣や食習慣です。

  • 喫煙
  • 過度の飲酒
  • 食生活の偏り
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • 過度のストレス
  • 過度のブラッシング
  • 過度な頭皮マッサージ
  • 肌に合わない整髪料 など

いずれも頭皮の血流を悪くさせる原因になりやすいため、これらが引き金となってAGAが発症するケースもあるのです。

AGAの原因となる遺伝性要因がなくても、悪い生活習慣や食生活を続けていると、ハリやコシがなくなるなど毛髪トラブルが起こることもあります。

kazuko先生
それでは一つ一つのAGAの原因を確認していきましょう。

喫煙で取り込まれた有害物質がAGAの原因になる

AGAの遺伝要因を持っている人が日常的に喫煙していると、AGAが早く発症する原因になります。

タバコにはニコチンが含まれています。ニコチンには、自律神経を刺激してあらゆる血管を収縮させる作用があります。
この作用によって、毛細血管の血液の流れが悪くなり、発毛を促す毛母細胞の活動に必要な酸素や栄養を運べなくなります。

さらにニコチンにはビタミンを破壊する性質もあります。
ビタミンAは体内での細胞分裂を正常に行うように整える働きがあります。ビタミンAが不足すると、頭皮の細胞のサイクルが乱れて、頭皮が脂っぽくなったり、あるいは乾燥しすぎてフケが出やすくなったりと頭皮環境が悪くなります。
ビタミンB6は、頭皮の炎症を抑制する働きがありますから、不足すれば毛穴が炎症を起こしやすくなります。
さらにビタミンEは、血管拡張や正常な血流を保つ働きがあります。不足することで毛母細胞の酸素不足を引き起こしやすくなるのです。

喫煙ではビタミンCが失われるとよく言われます。ビタミンCには、栄養の吸収促進、血管の強度を保つ働きがありますが、欠乏すると血管がもろくなってしまいます。
細胞が活動して酸素を消費すると、その酸素は活性酸素になります。ビタミンCには活性酸素を消去する働きもありますので、ビタミンCが不足すれば活性酸素が増えることになるのです。
活性酸素は細胞を酸化させてます。酸化は、いわゆる老化という形で現れ、毛母細胞を死滅させることになります。

また、タバコの煙には一酸化炭素が含まれています。
この一酸化炭素は、血液の中にあるヘモグロビンと強く結合する性質を持っています。

ヘモグロビンは体の隅々まで酸素を運搬する物質ですから、一酸化炭素と結合してしまうと酸素を運べなくなってしまうのです。これによって毛母細胞に酸素が届かず、最終的に毛母細胞そのものが死んでしまいます。

AGAと喫煙の関係については、2017年にイタリアで行われたAGAの研究で次の結果が判明しています。
「肥満(BMI25以上)の喫煙者は、他の人に比べて中等度以上のAGA発症リスクが約6倍」
(※)Wiley Online Library『太りすぎと喫煙の組み合わせは、男性型脱毛症の重症度を増加させます』

発毛にとって毛母細胞は大変重要な存在です。
以上のことからも、AGAの遺伝要因を持っている人は喫煙しないことがとても大切だということがわかります。

すでに喫煙している人は、早めに禁煙するのが望ましいでしょう。
しかし、無理に禁煙を進めてもストレスが溜まるようでは頭皮に悪影響です。

ご自身のペースで禁煙を進めながら、上手くストレスを解消していくようにしましょう。

過度なアルコールでの肝臓の酷使がAGAの原因になる

過度なアルコールの摂取は、肝臓に多大な負担を強います。
肝臓と毛髪には深い関係がありますから、肝臓を酷使するとAGA発症リスクが高まるのです。

人体に取り込まれたアルコールは肝臓で酸化されてアセトアルデヒドという物質になります。
アセトアルデヒドは肝臓で速やかに酢酸へと分解されるのですが、アルコールの摂取量が多すぎると一度で分解しきれず、残ったアルコールやアセトアルデヒドが体内をめぐることになります。

アセトアルデヒドは、非常に強い毒性を持っています。細胞を傷つけたり、男性ホルモン『DHT』を増加させたりしますから、AGAにとっては天敵ともいえます。

さらに、肝臓はアルコールやアセトアルデヒドを分解する肝臓は、タンパク質など発毛に必要な物質を合成する働きも持っています。
アルコールを過度に摂取すると、タンパク質を合成できず、発毛サイクルの乱れや毛髪の成長を阻害する原因にもなります。

アルコールの処理には、時間がかかります。体重60~70Kgの成人男性では、3時間でビール1本分です。
飲酒そのものを避けることがストレスになるような場合は、少しずつ飲酒量を減らしていくようにしましょう。

食生活の乱れ・偏食による栄養バランスの乱れがAGAの原因になる

偏食は栄養バランスの乱れを引き起こしますが、同様に食生活そのものが乱れていても摂取栄養が偏りやすくなります。
栄養が発毛にとって大切なことは、上項の『喫煙で取り込まれた有害物質がAGAの原因になる』でもお伝えしたとおりです。

毛髪の主成分であるタンパク質は、摂取したタンパク質をいったんアミノ酸に合成されます。
それから改めてタンパク質に再合成されるのですが、このとき安定的に作り出すために必要なのが「亜鉛」です。

また、亜鉛は、体内の活性酸素を取り除く働きをする酵素の構成成分でもあります。
亜鉛が不足すると、毛髪や発毛にも影響が出てきます。
亜鉛は体内でもよく消費されるミネラルでもあるため、毎日の食生活で取り入れるよう注意しなくてはなりません。

成人男性では1日10mgを摂取することが望ましいとされており、魚介類・藻類・肉類・野菜類・豆類・種実類に亜鉛が多く含まれています。

魚介類では、かきが100gあたり14.5mg、かたくちイワシが100gあたり7.9mgの亜鉛を含んでいます。
肉類では、赤身の牛もも肉100gあたり4.8mg、同じくリブロース100gあたり4.5mgが含まれているのです。

偏食は控えて、食生活を整えることが大切です。

生活の乱れがAGAの原因になる

睡眠不足が続くと自律神経が乱れやすくなります。
自律神経は、血管の拡張や収縮させる働きを持っていますから、自律神経の乱れがAGAの発症のきっかけになることもあります。

運動不足は、血流の低下、自律神経の乱れ、睡眠不足の誘発など、体内の機能や精神面といったさまざまな面で良くない影響を引き起こします。
適度に体を動かすことを意識するだけでも血行が促進されたり、よい疲れで寝つきが良くなったり、ストレスが解消されたりしますから、結果的に発毛に良い頭皮状態をつくることが可能です。

過度なストレスは、直接的にAGAの発症リスクを高めるというよりも、自律神経を乱し、その結果AGA誘発の原因になるといったほうがいいでしょう。
日々蓄積するストレスを上手に解消させられるよう、自分なりのストレス発散方法を見つけるのも大切です。

頭皮への過剰な刺激がAGAの原因になる

AGAを避けたいからと、頭皮に刺激を与えて発毛を促すのも、やり方によっては注意しなくてはなりません。
頭皮はとてもデリケートです。過度に刺激を与えすぎると、頭皮や頭皮の下にある細胞が傷ついて、抜け毛が増えてしまい、AGAが早く発症してしまう可能性もあります。

整髪料を着けている人は、その整髪料が頭皮への刺激になっていることもあります。整髪料を着けたままの髪を洗わずに就寝し、朝シャンしている方は、夜のうちに洗髪するようにしましょう。

整髪料には頭皮から分泌された脂や、空気中のホコリなどの汚れがついています。汚れた環境が日常的に繰り返されると、いま生えている毛髪の傷みにも繋がります。

ワックスについては以下リンクにまとめています。

ワックスと薄毛

ワックスを使うと薄毛になる!?【実験画像有り】

2019年7月4日

まとめ

AGAの主な原因はDHTですが、これは個人差があり、遺伝に影響されます。
しかし、DHTが少ない人であっても、生活習慣や食生活が悪いと、AGAを引き起こす原因になったり、進行を早める原因になってしまうこともあります。

AGAを発症してしまった場合、薬でAGAの進行を遅らせることは可能ですが、ずっと飲み続けなくてはなりません。
ですからAGAの原因になりやすいものは避け、健康的な生活を送るように心がけしましょう。

AGAで悩まれている方はAGA発毛のプロにお任せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の発毛技能士のsou先生こと中里聡一郎と申します。 「薄毛の悩みを取り除き、発毛による喜びに満ちた人生の実現」 をビジョンとして、薄毛に悩む人々の豊かな人生に日々貢献しています。 【資格】発毛技能士、毛髪診断士、調理師 【店舗情報】 大阪の寝屋川市にある開業6年目を越えたメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に病院、クリニックの薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを成功しています。 内服薬を使用しないため、副作用の心配がないと好評です。 【著者の過去】 高校の頃から薄毛に悩み、20歳の誕生日でミノキシジルの発毛剤を購入。以降、育毛剤、育毛シャンプー、個人輸入の薬等、様々な薄毛対策に取り組むが根本的な解決に至らなかった過去を持つ。 たまたま妻が発毛サロンをオープンしたことをきっかけに、自ら発毛メソッドを習得・実践して薄毛の悩みを見事克服。 それ以来、およそ6年間、薄毛治療の発毛特化型サロンとして運営。お客様は近隣の枚方や守口はもちろん、京都や和歌山からの遠方から2時間かけて来店されています。現役医師や芸能人も来店するサロンとして老若男女の薄毛で悩む方の駆け込み寺となっている。