リンスやトリートメントを使うとハゲるって本当?正しい選び方と使い方を徹底解説

トリートメントでハゲる

何となくシャンプーをしてリンスやトリートメントを使っている方も多いのではないでしょうか。

なんとなく今までの習慣で使ってます。ダメ?

実はリンスやトリートメントの使い方を間違えると薄毛の原因に繋がる可能性があります。

また、男性は、リンスやコンディショナーをつけるメリットが少ない場合もあり、正しくない方法で使い続けるとハゲの原因にもなります。

結論は次の通りです。

リンスやトリートメントは使わないで済むなら使わない方がよい。

どうしても使いたいなら育毛トリートメントがオススメです。

この記事ではリンスやトリートメントの役割や特徴に触れながら、以下のような疑問を解決していきます。

  • リンスやトリートメントでハゲないために正しい使用方法ってあるの?
  • どんな基準でリンスやトリートメントを選べばいいの?
  • そもそもリンスやトリートメントって必要なの?

それでは説明していきます。

リンスやトリートメントを使うとハゲる原因は何?

普段何気なく使っているリンスやトリートメントが、なぜハゲる原因になるのでしょうか。

結論から申し上げますと、洗い残したリンスやトリートメントが頭皮に残り、毛穴に詰まることで頭皮の状態が悪くなるからです。

詳しく説明していきます。

短髪だと頭皮に直接つきやすい

髪が短いとリンスやトリートメントが物理的に頭皮につきやすくなります。

リンスやトリートメントは髪の毛につけることを目的とします。

女性のロングヘアなら毛先だけにつけられますが、短髪の場合は毛先だけにつけるのが難しいです。

後で述べますがリンスやトリートメントを使う目的を考えると短髪の方が使わなくても問題ありません。

頭皮に残りやすい

リンスやトリートメントは成分に油分を含んでいるので、水で流れにくく頭皮に残りやすいです。

頭皮に油分が残っている状態が続くと、頭皮本来の皮脂分泌のバランスが崩れてしまいます。

頭皮が健康な状態でないと、健康な髪の毛は育ちません。

その結果、薄毛の原因に繋がる可能性があります。

毛穴をふさぐ

洗い残ったリンスやコンディショナーは、毛穴に入り込み毛穴をふさいでしまいます。

毛穴が詰まると、皮脂や老廃物の排出が、できず雑菌の増殖の原因になります。

雑菌の増殖は頭皮環境は悪化させます。

また、毛穴が詰まった状態では、髪の毛の成長も妨げてしまいます。

そして、髪は細くなり、抜け毛やハゲる原因になるのです。

髪のボリュームが減る

リンスやトリートメントは、かみがサラサラになりますが、髪が重たくなりボリュームが減ります。

なぜなら、油分を多く含んでいるからです。

薄毛が気になる方は、髪にボリュームを出したいのに、ボリュームダウンにつながります。

ボリュームダウンは髪の毛が減った印象になってしまいます。

【リンス・コンディショナー・トリートメント】この3つの違いは?

リンス、コンディショナー、トリートメントの違い

シャンプー後に使うリンス・コンディショナー・トリートメントですが、この3つの違いはご存知でしょうか。

それぞれどのような特徴や違いがあるか説明します。

リンスとは?

リンスは髪の表面のキューティクルをコーティングする役割を持っています。

髪を濡らすと、髪表面のキューティクルが開いた状態になり、髪はとても無防備でダメージを受けやすい状態になります。

そこでリンスの出番です。

リンスには髪のキューティクルを油分でコーティングし、髪のすべりを良くしパサつきにくくする効果があります。

コンディショナーとは?

実はコンディショナーの役割はリンスとほぼ同じです。

髪のキューティクルをコーティングする役割に加えて、髪の保湿効果も少しは期待できます。

リンスやコンディショナーで、髪の指通りがサラサラになるのは紙の表面がコーティングされているからなんですね。

トリートメントとは?

トリートメントは髪の内部に栄養を与えることで、髪そのものを補修する役割があります。

リンスやコンディショナーと違う点は、髪の表面ではなく内部まで浸透することです。

sou先生
髪を内部から修復してくれるのは実はトリートメントだけなんですね。

リンス・コンディショナー・トリートメントは何を基準に選べばいいの?

せっかく使うなら自分にあったヘアケア用品を選びたいですよね。

たくさんあって何を選べばいいか分からない方のために、選ぶ際の基準をいくつか紹介します。

リンスインシャンプーは使わない

リンスインシャンプーはシャンプーとリンスがまとめて終わるので、時短で便利に感じますよね。

しかし、薄毛を防ぐためにもリンスインシャンプーは使用しないことをおすすめします。

というのも、シャンプーとリンスそれぞれの効果が中途半端だからです。

リンスインシャンプーはシャンプー単体に比べて洗浄力は劣り、髪のコーティング効果もリンス単体ほどはありません。

またリンスが頭皮についてしまうので頭皮にもよくありません。

少し面倒でもシャンプーをして、そして必要に応じてトリートメントを使うことをおすすめします。

選ぶならリンス・コンディショナーよりもトリートメント

結局リンス・コンディショナー・トリートメントの3つの内、どれを使えばいいのでしょうか。

オススメはトリートメントです。

というのも、リンス・コンディショナーと違いトリートメントには髪そのものを修復する役割があるからです。

リンスやコンディショナーは髪の表面を保護する効果しかありません。

傷んだ髪を修復する効果なないのです。

トリートメントは傷んだ髪を修復することで、切れ毛・枝毛や髪が細くなるのを防げます。

トリートメントには、

自分の髪の状態にあった成分のもの

髪質など人それぞれ違います。

ダメージヘアーの方は、髪のダメージの補修成分が多いもの、乾燥してパサパサの髪の方は保湿成分の多いものなど、自分の髪の状態にあったものを選びましょう。

脂っぽい髪の方が油分の多いしっとりタイプを使用すると、髪がベタつく原因になってしまいます。

少しお値段は高くなりますが、アルガンオイルや植物エキス、アミノ酸系保湿成分配合のものがおすすめです。

頭皮や髪に安心な、天然成分配合のものを選ぶようにしましょう。

トリートメントを使わなくていいのはどんな人?

傷んだ髪をケアするなら断然トリートメントがおすすめです。

しかし、そもそもトリートメントを使わなくていい人もいます。

何となく風呂場に置いてあるから使っている方も多いと思いますので、自分に本当に必要かどうか確認してみてください。

短髪の人

リンスやトリートメントを使うのは主に傷みやすい毛先です。

短髪の方はそもそも髪の生え変わりが早く髪も傷みにくいので、使う必要はないでしょう。

逆にリンスやトリートメントが頭皮に残るリスクが増えますので、頭皮の状態が悪くなり薄毛のリスクも増えてしまいます。

髪が傷んでない人

髪が傷んでいない方もトリートメントは不要です。

髪が傷んでいるかを見極めるポイントとしては、シャンプーを洗い流した際にキシキシしておらず指通りがなめらかかどうかです。

以下に当てはまらない方は、髪はそれほど傷まないのでトリートメントでのケアは不要です。

  • ヘアカラーやブリーチを頻繁にする
  • パーマや縮毛矯正を定期的にする
  • ヘアアイロンで髪をセットする
  • プールに頻繫に入る

リンスやコンディショナーは、ヘアカラーを長持ちさせたい場合や、パーマのパサつきを抑えたい時に利用されます。

特にブリーチ(色素を抜く)をすると、髪質が非常に悪くなる為、リンスやコンディショナーを使ったケアが必要になります。

髪が傷んでいる場合でも短髪の人も、頭皮を優先する為に使用しない方が良いでしょう。

【ハゲないための】トリートメントの正しい使い方

リンスやコンディショナーは薄毛対策を考えると使用すること自体をおすすめできません。

トリートメントは必要に応じて使って頂いて問題ありません。

この章ではトリートメントの正しい使い方を紹介します。

頭皮ではなく毛先につける

トリートメントは頭皮ではなく、毛先を中心に髪全体につけるように意識しましょう。

トリートメントの役割は、髪自体をコーティングしたり修復したりするものでしたよね。

毛先を中心に髪全体に優しくなじませることで、健康的な髪が期待できます。

トリートメントは、つけてから10分ほど置いて浸透させると効果的です。

蒸しタオルなどで巻くと、キューティクルが開いて、より髪の内部へ浸透しやすくなります。

使った後はしっかり洗い流す

ぬるめのお湯でしっかりと流しましょう。

手でシャワーのお湯をすくうようにして、頭皮にかけるとしっかりと流せます。

洗い残しは薄毛や匂いの原因にもなりますので、めんどくさがらずにしっかりと流しましょう。

育毛専用トリートメントがおすすめ

せっかくトリートメントを使うなら髪のケアと育毛も一緒にできたら嬉しいですよね。

手前味噌で恐縮ですが、当店の育毛専用トリートメントはオススメです。

スカルプトリートメントEXの魅力は以下の通りです。

  • 頭皮に負担を与えずに髪をしっかり保湿できる
  • 髪の材料であるタンパク質をつくるアミノ酸をたっぷり11種類も配合
  • 体内の細胞の新陳代謝を活発する5つの成長因子とペプチド配合

髪をケアするだけでなく、髪に必要な栄養を与えることで、髪自体の健康的な成長をサポートしてくれるトリートメントです。

育毛トリートメント
sou先生
これは発毛・育毛効果が期待できますね。

このスカルプトリートメントEXは、お試し体験コースを受けた以上の方のみに販売になります。

この度、同じものではありませんが、スーパースカルプ監修の「成長因子」配合育毛トリートメントが一般販売になりました。

トリートメントを使いたいけど薄毛が気になる方におすすめです。

商品購入はこちらから。

送料無料(※但し、北海道、沖縄除く)

【まとめ】トリートメントは必要に応じて正しく使おう

トリートメントを正しく使えば薄毛のリスクを減らすことができます。

ただし、リンスやコンディショナーは髪の修復力がないので使う必要はありません。

また、トリートメントでも洗い残しがあると頭皮に負担がかかり薄毛に繋がります。

頭皮のことを考えると、使わなくていい人は出来るだけ使わない方がいいでしょう。

もし使用する場合は、自分の髪質や目的に合わせて正しく選ぶことが大切です。

そして使った後はしっかりと洗い流してくださいね。

正しく使ってボリュームのある健康的な髪を手に入れましょう。

また、正しい使い方をしていても薄毛になる場合があります。気になる方は、お気軽にご相談下さい。

育毛シャンプーの効果

【育毛効果UPの基本】育毛に必要なシャンプーの選び方と発毛サロン直伝シャンプー方法を知ろう

2019年11月7日

【お問合せ】

お問合せや、お試し体験のお申込みは下記より行ってください。

072-833-9696:電話受付時間 9:00~19:00
営業時間 9:00~20:00
定休日:日曜日
ネット、LINEのお申込みは24時間365日対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の発毛技能士のsou先生こと中里聡一郎と申します。 「薄毛の悩みを取り除き、発毛による喜びに満ちた人生の実現」 をビジョンとして、薄毛に悩む人々の豊かな人生に日々貢献しています。 【資格】発毛技能士、毛髪診断士、調理師、1級ヘッドマッサージ講座修了 【協力】スキンケア大学アドバイザー、モノシル 【店舗情報】 大阪の寝屋川市にある開業9年目を越えたメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に病院、クリニックの薬を使わずに、ホームケアと施術による頭皮改善で髪の毛を生やすことを成功しています。 内服薬を使用しない方針のため、副作用の心配がないと好評です。 【著者の過去】 高校の頃から薄毛に悩み、20歳の誕生日でミノキシジルの発毛剤を購入。以降、育毛剤、育毛シャンプー、個人輸入の薬等、様々な薄毛対策に取り組むが根本的な解決に至らなかった過去を持つ。 たまたま妻が発毛サロンをオープンしたことをきっかけに、自ら発毛メソッドを習得・実践して薄毛の悩みを見事克服。 それ以来、およそ9年間、薄毛治療の発毛特化型サロンとして運営。近隣の枚方や守口はもちろん、京都や和歌山からの遠方から2時間かけて来店されるお客様もおられます。現役医師や芸能人も来店するサロンとして老若男女の薄毛で悩む方の駆け込み寺となっています。