シャンプーブラシは薄毛に効果ある?メリットとデメリットを徹底解説

シャンプーブラシのメリットデメリット

シャンプーブラシについて、よく次のような質問をいただきます。

シャンプーブラシって使っていいですか?

このような質問の理由としてシャンプーブラシに対する次のような疑問があるようです。

・シャンプーブラシで頭皮の汚れは落ちるの?

・シャンプーブラシはたくさんあって何が良いのかわからない

・シャンプーブラシは薄毛改善に効果があるの?

まず知っておくべきことはシャンプーの目的です。

シャンプーの目的は一日の汚れを落として、頭皮環境を整えることです。

そのためシャンプーブラシの目的は、シャンプーのサポートになるかどうかが重要です。

私は発毛サロンをオープンすることになり、自ら発毛メソッドを習得・実践してこれまでいろいろな人の薄毛の悩みを克服してきました。

その中でいくつもシャンプーブラシを使ってみて、自分自身で体験してみたり、お客様が使われているシャンプーブラシの話を聞いてきました。

そこでこの記事では、シャンプーブラシのメリットとデメリットについて解説し、薄毛改善にどのように影響していくのか説明していきます。

この記事を読めば、「シャンプーブラシのメリット、デメリットを理解した上で、本当に使う必要があるのか」がわかります。

  • シャンプーブラシのそれぞれのメリットとデメリットについて
  • 薄毛対策としてシャンプーブラシはデメリットが大きく、使わない方がいい

薄毛対策には正しくシャンプーを行い、頭皮環境を整えることが重要です。

動画でも説明しましたのでよかったら見てくださいね。

シャンプーブラシによるメリットとデメリットを理解して、あなた自身でも判断してみてくださいね。

シャンプーブラシとは

シャンプーブラシとは

シャンプーブラシとは、シャンプー時に手の代わりに使う無数の突起がついたブラシのことです。

普段、手で行うシャンプーだけでは落としきれない汚れや、凝り固まった頭皮をマッサージすることによって、爽快感を得られる効果があります。

最近では有名企業やオシャレなブランドから、続々と販売されていて目にする機会が増えています。

シャンプーブラシの種類

シャンプーブラシは、「電動式」と「手動式」の2種類があります。

電動式では自動でブラシ部分が回転・振動します。

この動きによって、効率よく頭皮の汚れを落とせたり、コリをほぐせます。

自分の手で持って頭皮にあてながら動かせる手動式では、力の加減を自由に調整できるので、自分の好みに合わせたマッサージが可能です。

シャンプーブラシの素材

さらに、ブラシの形状によって大きく次の3つに分かれます。

  • シリコン製
  • ナイロン製
  • ポリプロピレン製

それぞれのタイプの特徴について説明します。

シリコン製は肌当たりが柔らかく頭皮への負担が少ないです。

シリコン特有の弾力性があるので、手で洗っている感覚に似ています。

細い髪や軟毛の人が頭皮への負担をあまりかけずにマッサージするのに適しています。

次にナイロン製の特徴ですが、形状はヘアブラシのように先端が細くなっていたり、丸くなっているものが多いです。

ブラシの1本1本が細いため、長い髪でも絡まりにくく、頭皮に負担をかけずにマッサージができます。

最後にポリプロピレン製ですが、こちらはコシが強く固めな素材が特徴です。

頭皮をしっかりともんだ感触があるのがポリプロピレン製の特徴です。

シャンプーブラシのメリット

シャンプーブラシのメリット

シャンプーブラシを使うメリットは次の3つです。

  • 頭皮を直接洗える
  • ブラシの刺激によって血行が促進される
  • 爽快感、リラックス効果を感じる

順番に解説します。

頭皮を直接洗える

シャンプーブラシは指よりも細いブラシなので、密集した髪の毛をブラシが掻き分けて直接頭皮を洗えます。

ネイルなどされていて爪が長い方も、ブラシを使うことで爪を痛めることなく頭皮を洗うことができます。

頭皮をしっかり洗えれば、洗い残しによる頭皮のニオイの原因を解決することにもつながります。

血行を促進

シャンプーブラシは、頭皮に程よい刺激を与えることが出来るので、血行を促進できるメリットがあります。

血行が促進され、凝り固まった頭皮がほぐれることによって、顔のたるみやむくみが改善される効果も。

血行が良くなると、髪の毛に栄養が届けられしっかりと健康な髪が育ちやすくなります。

爽快感やリラックス効果が高い

シャンプーブラシの毛先が毛根に詰まった汚れをかき出し、頭皮の汚れを落とすことで、指で洗うよりも爽快感があります。

また、ブラシによるマッサージが美容院でヘッドスパを受けたかのようなリラックス効果も感じられます。

シャンプーブラシのデメリット

シャンプーブラシのデメリット

シャンプーブラシはメリットがある一方、力を入れすぎてしまうと抜け毛や切れ毛が増え、頭皮や髪を痛める原因にもなります。

せっかく髪をキレイにするために使っていたのに、いつの間にか頭皮や髪がボロボロに…なんてことになってしまっては本末転倒。

きちんとデメリットを理解した上で、使う必要があるのかを判断できるようにしましょう。

シャンプーブラシを使うことによるデメリットとしては3つです。

  • ブラシに髪の毛が絡まり、抜け毛や切れ毛が増える
  • 必要以上に洗いすぎてしまうことによる頭皮の乾燥
  • 力の入れすぎでブラシの先端で頭皮を傷つけてしまう

それぞれ順番に解説していきます。   

抜け毛や切れ毛の原因になる

一番のデメリットは抜け毛や切れ毛の原因になることです。

シャンプーブラシを使用していると、ブラシに髪が絡まることがあります。

絡まったままの状態でブラシを動かすと、絡んでいた髪の毛が無理やり引っぱられてしまい、切れ毛や抜け毛になります。

本来抜けるべきではない髪の毛を抜いてしまいます。

洗いすぎによって頭皮が乾燥してしまう

メリットで説明したように、シャンプーブラシは頭皮をしっかりと洗うことができます。

しかし、洗顔同様、頭皮も洗いすぎてしまうとかえって乾燥してしまいます。

理由として、シャンプーブラシが頭皮の汚れだけでなく、本来洗い落とす必要の無い皮脂なども一緒に落としてしまうからです。

とくに、シャンプーブラシを使ってシャンプーをしているときはマッサージをしているような気持ちよさがあります。

気持ちいいとはいえ、強くゴシゴシと押し付けたり、長時間ブラシでマッサージをしてしまうと、乾燥を起こす原因になります。

頭皮に傷を付けてしまう 

シャンプーブラシはブラシ先の形状が、多少丸みがあるとはいえ、尖っているものが多いです。

また、力の加減が頭皮にダイレクトに伝わるので、少しの力でも頭皮にとっては大きい刺激となります。

たとえシリコンなどの柔らかい素材であっても、擦っているうちに刺激となり頭皮に傷が出来てしまうこともあります。

傷や頭皮に与えた刺激が炎症を起こし、薄毛の原因にもつながります。

薄毛対策としてのシャンプーブラシはデメリットが上回る

シャンプーブラシは使わない方がよい

ここまでシャンプーブラシのメリットとデメリットを挙げました。

結局、薄毛対策にシャンプーブラシは使っていいの?

結論としては次の通りです。

「シャンプーブラシによって抜け毛が増えることが懸念されるのでシャンプーブラシは使わない方がいい。それよりもハンドマッサージで正しくシャンプーをしましょう」

シャンプーブラシは汚れをしっかりと落とせるマッサージ効果が高いという2つがメリットです。

では、普通にブラシを使わずに自分の指でシャンプーをするだけでは、上記2つのメリットは満たせないのでしょうか?

答えは「NO」です。

正しくシャンプーをすれば、事前のブラッシング・予洗いだけでしっかりと汚れを落とせます。

そして優しい洗浄成分のシャンプーを泡立てて、頭皮を指で動かすようにマッサージすれば血流促進にもつながります。

マッサージによって抜け毛が増えたり、切れ毛が増えることもありません。

sou先生
とはいえハンドマッサージが不足しがちな、力が弱い方や片腕しか使えない方にはシャンプーブラシをオススメしたことはあります。

シャンプーの目的は汚れを落とし頭皮環境を整えること

シャンプーで重要なのは以下の2つです。

  • 不要な汚れを落とすこと
  • 頭皮環境を整えること

シャンプーブラシはマッサージ効果により爽快感があるので、一見するとシャンプーした後の満足感が効果が高く感じます。

しかしながら、抜け毛や切れ毛が増えてしまうと本末転倒です。

シャンプーブラシを使わずに手でシャンプーした場合、不要な汚れも落とせるし、抜け毛も最低限に抑えることができます。

以上のことから、シャンプーブラシは使わないで、自分の手でシャンプーすることがオススメです。

正しいシャンプーのやり方はこちらの記事で詳しく解説しています。

関連リンク:正しいシャンプーのやり方について

まとめ「シャンプーブラシは気持ちいいが薄毛対策にはならない。抜け毛の原因になるので使わない方がいい」

今回はシャンプーブラシのメリットとデメリットについて解説しました。

✅シャンプーブラシのメリット

  • 頭皮を直接洗える
  • 血行促進
  • マッサージ効果による爽快感

❌シャンプーブラシのデメリット

  • 抜け毛、切れ毛の原因
  • 洗いすぎでの頭皮の乾燥
  • 頭皮を傷つけてしまう

薄毛の対策としてシャンプーでしっかりと汚れを落とすことは重要です。

しかしそれと同じくらい、必要な皮脂などを落としすぎないことも重要です。

とくに薄毛予防としてシャンプーブラシを使うことは、デメリットの方が大きいと考えられます。

シャンプーブラシを使わなくても、正しくシャンプーできれば頭皮環境は整えられます。

すでに頭皮環境が悪く、薄毛や抜け毛でお悩みの方は早めにご相談ください。

個別の悩みに合わせたシャンプー方法をしっかりとアドバイスいたします。

【お問合せ】

お問合せや、お試し体験のお申込みは下記よりお気軽にご連絡ください。

072-833-9696:電話受付時間 9:00~19:00
営業時間 9:00~20:00
定休日:日曜日
ネット、LINEのお申込みは24時間365日対応

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の発毛技能士のsou先生こと中里聡一郎と申します。 「薄毛の悩みを取り除き、発毛による喜びに満ちた人生の実現」 をビジョンとして、薄毛に悩む人々の豊かな人生に日々貢献しています。 【資格】発毛技能士、毛髪診断士、調理師、1級ヘッドマッサージ講座修了 【協力】スキンケア大学アドバイザー、モノシル 【店舗情報】 大阪の寝屋川市にある開業9年目を越えたメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に病院、クリニックの薬を使わずに、ホームケアと施術による頭皮改善で髪の毛を生やすことを成功しています。 内服薬を使用しない方針のため、副作用の心配がないと好評です。 【著者の過去】 高校の頃から薄毛に悩み、20歳の誕生日でミノキシジルの発毛剤を購入。以降、育毛剤、育毛シャンプー、個人輸入の薬等、様々な薄毛対策に取り組むが根本的な解決に至らなかった過去を持つ。 たまたま妻が発毛サロンをオープンしたことをきっかけに、自ら発毛メソッドを習得・実践して薄毛の悩みを見事克服。 それ以来、およそ9年間、薄毛治療の発毛特化型サロンとして運営。近隣の枚方や守口はもちろん、京都や和歌山からの遠方から2時間かけて来店されるお客様もおられます。現役医師や芸能人も来店するサロンとして老若男女の薄毛で悩む方の駆け込み寺となっています。