頭皮のかゆみと抜け毛で困ったときに知りたいこと

頭皮のかゆみと抜け毛

頭皮がむずむずしたり、かきむしりたくなったり無性にかゆくなることありませんか?

”かゆみ”という反応は頭皮に何らかの異常があるため発生します。

単にシャンプーが合わないだけかもしれませんし、他にも日常生活や病気によってかゆみは発症しているかもしれません。

発毛王
ワシは頭皮が蒸れやすいのでかゆくなりやすいゾ
sou先生
大変ですね…。(そりゃ、そんな頭だと蒸れるだろ…)
今回は「様々な頭皮のかゆみと抜け毛」がテーマです

頭皮がかゆくなると抜け毛も多くなる?

頭皮のかゆみで抜け毛に悩む女性

かゆみは頭皮が助けを求めているサインです。一時的なかゆみと思って油断していると要注意です。

頭皮のかゆみは様々な原因で発生します。
特に当店のような発毛サロンのお客様はご来店当初はかゆみと抜け毛がセットで起きているケースが多いです。

そして、みなさんはかゆくなると何をしますか?
答えは”かく”ことだと思います。ポリポリと爪でかいてしまうことで頭皮が傷付き、雑菌が入ることで抜け毛が増えてしまうこともあるのです。

頭皮のかゆみの原因は?

頭皮のかゆみの原因は多岐にわたります。
今回は大きく次の2つにわけました。
1.日常生活でやりがちな誤った行動が原因で発生する頭皮のかゆみ

2.病気や専門知識が必要な頭皮のかゆみ

kazuko先生
それぞれの原因をみていきましょう。

日常生活でやりがちな誤った行動が原因の頭皮のかゆみ

生活していると当たり前に行っているシャンプー。実は最も頭皮のかゆみが発生する原因となっています。

お風呂でのシャンプー

かゆみの原因はシャンプー

お風呂でのシャンプー、次のようなやり方はしていませんか?

シャンプーの原液を直接頭皮につけている

原液は頭皮にとって刺激でしかありません。しっかりと泡立てネットで泡をたてて洗うようにしましょう。

一日に何度もシャンプーをしている

皮脂を余分に落とし過ぎると、それを補うように皮脂が分泌する原因になります。夜に1回で十分です。

シャンプー剤のすすぎ残しがある

えりあしはすすぎ残しが多い部位です。どんなに良質なシャンプーでもすすぎ残ってしまうとかゆみの原因になります。

シャワーの温度が高い

頭皮は体温以上の温度ですすぐと皮脂を落とし過ぎることになり、過剰な刺激になってしまいます。36~38度の温度ですすぐようにしましょう。

ドライヤーで乾かしていない

せっかくシャンプーしてお風呂に入っても頭皮が生乾きの状態は汗をかきやすく、雑菌が繁殖する原因になります。

シャンプーがあっていない

これはシャンプーのやり方ではありませんね。そもそも頭皮にあっていないシャンプーを使っていれば、わざわざかゆくなる理由を作っていることになります。ドラッグストアーの激安シャンプー使っていませんか?食器用洗剤で頭を洗っているようなものです。

その他、日常生活でのかゆみ
日常生活のかゆみ

塗り薬、飲み薬の副作用

頭皮に塗るタイプの薬で有名なミノキシジル。
ミノキシジルの塗り薬はその副作用として頭皮の発疹、頭皮のかぶれ、フケ、湿疹等が確認されています。
飲み薬でも薬の残留成分によって頭皮がかゆくなることがあります。

汗をかいてそのままにしている

汗は雑菌の温床です。汗をかいて乾いて、また汗をかいてと繰り返していると皮脂と混ざり、毛穴をふさぎ、かゆみの原因になります。汗をかいたらこまめにふく習慣をつけましょう。

枕を何日も洗っていない

起きた際に汗びっしょりだったという経験はありませんか?人は就寝時にたくさん汗をかき、多い人は1リットルも汗をかきます。
そんな汗は寝具、特に枕につくと乾いた際に匂いが発生する原因となります。この匂いは雑菌が汗をエサに繁殖した証です。匂いがする枕に頭をのせる行為は頭皮に雑菌が繁殖し、かゆみが発生する原因になります。

スタイリング剤をつけている

スタイリング剤は酸化し、空気中の汚れと結合して頭皮に詰まります。スタイリング剤は化学成分の固まりですのでかゆみの原因になります。
スタイリング剤(ワックス)について詳しく知りたい方はこちら。

ワックスと薄毛

ワックスを使うと薄毛になる!?【実験画像有り】

2019年7月4日

病気や専門知識が必要な頭皮のかゆみ(対策付き)

次は素人判断が難しい頭皮のかゆみです。

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎はマラセチア菌と呼ばれる常在菌の異常繁殖による頭皮の炎症のことです。
マラセチア菌はけっして悪い菌ではありませんが、皮脂の分泌が多いとマラセチア菌も異常繁殖してしまい、頭皮の刺激となりかゆみを引き起こしてしまいます。

sou先生
脂漏性皮膚炎については困っている方も多く、別で記事を書いて原因と対策をお伝えする予定です。もうしばらくお待ちください。

シラミ

シラミには様々な種類が存在していますが、頭皮のかゆみに関係するのは「アタマジラミ」です。衛生状態に関係なく頭髪に寄生して広まります。毛穴や頭皮の下に潜り込むことはありませんが、頭髪環境を好み、1日に4~5回吸血してカユミをもたらします。特に幼児や小児に感染が多いことで知られています。

シラミの対策
すぐに皮膚科を受診してください。化学的駆除法やシラミ駆除用のコームを使って駆除を行います。また薬局でも専門のシャンプーやパウダーも購入できます。

毛染め剤によるアレルギー

カラーリングや白髪染め等は繰り返し行うことによって、アレルギーとして反応がでてかゆみが発症するケースがあります。原因となるアレルギーの原因物質はパラフェニレンジアミンと呼ばれる化学物質です。

毛染め剤によるアレルギーの対策
カラーリングや白髪染めをしないことが一番です。ジアミンフリーの毛染め剤もあるようですので調べてみてもいいかもしれません。

円形脱毛症

円形脱毛の症状がすすんでいると頭皮にかゆみを伴うケースがあります。
かゆみと共に大量の抜け毛が発生していたら要注意です。

円形脱毛症の対策
円形脱毛症はなかなか自分でとめることは難しいです。改善実績の多い病院か発毛サロンに相談してみることをオススメします。

頭皮のかゆみの対策は?

対症療法になりますが、「かゆみの箇所を冷やす」ことは症状が楽になるケースが多いです。ただし、熱をもったかゆみには有効ではありません。

かゆみの症状をやわらげるためには根本となる原因にアプローチが必要です。かゆみを止めることが抜け毛を止めるための対策ともなります。

アミノ酸系シャンプーに変える

シャンプー後に頭皮がかゆくなる方はシャンプーが頭皮にあっていません。つまり、シャンプーによって頭皮が乾燥したり、洗えてなくて皮脂がつまっていたり、何らかの反応がでています。
そこで、アミノ酸系シャンプーに変えることで頭皮の影響を抑えることが可能です。

効果的なシャンプー方法を覚える

以下は薄毛改善でお伝えしているシャンプーのやり方です。かゆみを止めることにも効果的ですのでトライしてみてください。

発毛サロン直伝シャンプー(一般バージョン)

1.入浴前のブラッシング

入浴前に髪をブラッシングしてください。ブラッシングはまずは毛先からかけると髪のほつれがとれやすいです。

2.入浴

シャンプーの前にお風呂につかってください。目安は40℃で10分です。血流が良くなりますので、シャンプー時に汚れがとれやすく、マッサージ効果も向上します。指の腹でマッサージしておくとさらに血流が良くなります。

3.予洗い

予備洗いの略です。頭全体をしっかりとぬらして髪の汚れや整髪料を取り除きます。頭皮を洗う温度はぬるめ(36~38℃)にしてください。

4.シャンプーを泡立てる

予洗い後、ようやくシャンプー剤をつけていきます。洗顔等に使う泡立てネットを使うと少量で泡立ちますのでオススメです。決して、シャンプーの原液を頭皮につけてはいけません。泡を頭皮につけていきます。

5.爪をたてずに指の腹でマッサージ

マッサージのポイントは「頭皮を動かす」ことです。できるだけ髪の毛に摩擦が発生しないように指の腹で頭皮を動かすことを意識してください。生え際、頭頂部、側頭部、後頭部しっかりとマッサージします。特に薄毛の箇所は頭皮の動きが悪くなっていますので念入りに。
よくあるシャンプーブラシは指よりも摩擦抵抗が高い材質であるため、髪を引っ張ってしまい抜け毛の原因になりかねません。そのため、マッサージは自分の指で行ってください。

6.すすぎはしっかりと

ハゲの悩みシャワー

いくら髪に良いシャンプーを使ったところで、すすぎが不完全で頭皮に付着したままだと、シャンプー剤そのものが刺激物になりかねません。しっかりと頭皮についたシャンプーを洗い流して下さい。美容室のすすぎを思い出してください。かなりしっかりとすすぎますよね?それだけ、シャンプーのすすぎはしっかりとやらないとすすぎ残しが発生してしまうのです。

7.トリートメントをつける

ハゲの悩みにトリートメント 

傷んだ髪にはトリートメントをつけていきます。ポイントは毛先につけることです。頭皮につけてしまうと、せっかくシャンプーできれいにした頭皮を油分でふさぐことになりますので要注意です。シャンプー同様、すすぎはしっかりと行います。

8.タオルドライからの保湿

ハゲで悩む

入浴後、タオルでやさしくポンポンと髪の水分をとってください。頭皮も保湿用ローションをつけることで乾燥を防ぐことができます。育毛剤もこのタイミングでつけてください。

9.ドライヤーでしっかりと乾かすハゲの悩みシャンプー8

頭皮が濡れた状態だと、雑菌が繁殖する原因になります。自然乾燥派の人もいますが、頭皮のことを考えるとドライヤーでしっかりと乾かすことが望ましいです。ただし、乾かし過ぎは頭皮の乾燥を促進させますので要注意です。

自分で改善できない場合は専門家に相談する

頭皮のかゆみの症状によっては自分で色々と試してもどうしようもなくなることがあり得ます。
ひっかいて頭皮から血が出るほどのかゆみをともなう場合は迷わず皮膚科や発毛サロンに相談してください。

最後に

いかがでしたか?かゆみには様々な理由が存在する事がお分かり頂けたでしょうか?
まずはシャンプーについて見直すことがかゆみの症状をやわらげ、抜け毛を減らす近道となります。

かゆみが炎症レベルにまで発展して、抜け毛が進行し、薄毛の悩みにまで発展してしまった方への注意点があります。

それは薄毛の改善(つまり発毛)とかゆみの炎症を抑えることは同時に行うことは難しいということです。
まずはかゆみの炎症を抑える。頭皮環境が落ち着いてきたら薄毛の改善を行う。このようなステップがあります。
ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の発毛技能士のsou先生こと中里聡一郎と申します。 「薄毛の悩みを取り除き、発毛による喜びに満ちた人生の実現」 をビジョンとして、薄毛に悩む人々の豊かな人生に日々貢献しています。 【資格】発毛技能士、毛髪診断士、調理師 【店舗情報】 大阪の寝屋川市にある開業6年目を越えたメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に病院、クリニックの薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを成功しています。 内服薬を使用しないため、副作用の心配がないと好評です。 【著者の過去】 高校の頃から薄毛に悩み、20歳の誕生日でミノキシジルの発毛剤を購入。以降、育毛剤、育毛シャンプー、個人輸入の薬等、様々な薄毛対策に取り組むが根本的な解決に至らなかった過去を持つ。 たまたま妻が発毛サロンをオープンしたことをきっかけに、自ら発毛メソッドを習得・実践して薄毛の悩みを見事克服。 それ以来、およそ6年間、薄毛治療の発毛特化型サロンとして運営。お客様は近隣の枚方や守口はもちろん、京都や和歌山からの遠方から2時間かけて来店されています。現役医師や芸能人も来店するサロンとして老若男女の薄毛で悩む方の駆け込み寺となっている。