パーマはハゲる。発毛技能士がパーマを禁止する理由

パーマでハゲる理由

いきなりですが、本日の結論はこちらです。

パーマでハゲる可能性は非常に高いです。

「パーマをするとハゲる」と言いますが、その通りです。

パーマをしている方は次のようなジレンマがありませんか?

パーマは髪によくない気がする。でもパーマをやめると余計に薄毛が目立つからやり続けるしかない…

今回はそのような方に対して、なぜパーマはハゲてしまうのか。

そしてどうすればジレンマから解消できるかについてお伝えします。

なぜ、パーマでハゲるのか?

パーマではげる

パーマを1度かけたからといって、すぐにハゲるわけではありません。

パーマによって徐々に頭皮と髪の毛にダメージが蓄積されます。

気が付けば「地肌が透けてない?」となりかねません。

パーマでハゲるのにはパーマ液が髪の毛と頭皮に悪影響を与えるからです。

では、どのように影響を与えるのでしょうか?

髪の毛が細くなる

パーマをかけると髪の内部のタンパク質が流れ出してしまうため髪の毛が細くなってしまいます。

パーマによる髪の毛の損傷部分からも水分や栄養が抜けやすく、切れ毛の原因にもなります。

パーマでハゲると言われるのは、髪の毛の本数が減るだけでなく元々ある髪の毛が細くなり、実際の毛量より少なく見えてしまうのも原因なのです。

髪の毛には他の臓器と違い再生能力がありません。

ダメージを受けたキューティクルや栄養が抜け出た髪の毛を放置しているのも薄毛の進行を早めることになります。

頭皮へダメージが蓄積する

パーマ液はどんなに気をつけても頭皮についてしまいます。

パーマ液が頭皮に付着してヒリヒリ感じた経験はありませんか?

パーマ液に含まれる強いアルカリ性のチオグリコール酸や臭素酸ナトリウムなど、毒性の強い薬剤によるものです。

パーマ液で使用されるパーマ液にはアレルギー反応を起こす化学物質が含まれているものが多く、それらが頭皮に付着し炎症を起こす原因になるのです。

パーマ液は地肌につける前提で作られていません。

刺激の強いパーマ液で頭皮が炎症してしまったり、ダメージの蓄積で頭皮が不健康な状態になるのも、ハゲる原因になります。

薄毛が気づきにくい

パーマをかけると、薄毛が目立ちにくくなります。

ウエーブパーマの場合、ストレートヘア時と比べると1.5倍から2倍ほどボリューム感が違って見えます。

パーマをかけていると、思った以上に薄毛が進行している可能性があるのです。

縮毛矯正の場合も、かけ続けると髪の毛に激しい損傷を与えます。

髪の毛のタンパク質は流出し水分不足の髪の毛になり、縮毛矯正やストレートパーマを止めれない髪質になってしまいます。

薄毛が気になりだす前に、パーマを見直す必要があります。

パーマでハゲる原因

パーマの仕組み

パーマでハゲるのは、パーマの仕組みが関係します。

パーマ液は1剤と2剤に分かれていることをご存じでしょうか。

ほとんどのパーマ液は、1剤で髪の毛を形成しているシスチンの結合を切断します。

その状態でロットに巻き付けるなど形を作り、2剤の酸化作用で再結合させカールなど癖づけます。

パーマ液の多くは1液のアルカリ剤でキューティクルを開け、中に薬剤を浸透させるタイプです。

1回目のパーマでも髪の毛にダメージを与え、髪はパサパサしたり指通りが悪くなります。

頻度の高いパーマは、その度にキューティクルを開け内部のシスチンタンパク質を切り離し、無理やり違う形に繋げる作業を繰り返すことになります。

パーマ液の毒性

パーマ液の注意書きには直接頭皮につけないで下さいと記載してあります。

残念ながらパーマ液を頭皮に全くつかないようにするのは物理的に不可能です。

では、なぜ頭皮についてはいけないのでしょうか?

それは、パーマ液が劇薬だからです。

「パーマ液を庭の雑草にかけると枯れる」

パーマ液の毒性が除草剤とよく比較されるのは、パーマ液の成分と除草剤で使用される薬剤の成分の構造がよく似ているからだと考えられます。

パーマ液の毒性は除草剤の800分の1の毒性があると言われています。

髪の毛は死んだ細胞と言われますが、当店では髪の毛は植物に、頭皮は大地に例えています。

除草剤を大地にまいて雑草を枯らすように、パーマ液を頭皮にまく行為は発毛業界で働く発毛技能士として見過ごすことの出来ない危険な行為です。

肌が弱い方などは1度のパーマで頭皮が炎症を起こしてしまうこともあります。

パーマは誰でも可能なものではありません。髪質や肌の状態によっては断られることもあります。

断られて不満を漏らす方もいるかもしれませんが、パーマを断ってくれる美容室は良い美容室とも言えます。

パーマで円形脱毛症

パーマのダメージは蓄積されハゲる原因となりますが、中にはたった1度のパーマでも円形脱毛が発祥してしまうこともあります。

円形脱毛症は原因がわかっていません。

パーマの薬剤を頭皮につけることによる刺激によって、急に円形脱毛が発祥した事例もあります。

パーマの刺激が抜け毛や薄毛の引き金となる可能性は十分あるのでご注意ください。

質の悪い美容室のパーマはハゲやすい

パーマではげるのを防ぐ

パーマ液の種類

パーマ液にも数種類あり、それぞれ特徴があります。まず、パーマ液の種類でハゲやすさは変わるのでしょうか?

チオ系とシス系で比べられることが多いパーマ液ですが、チオグリコール酸、システイン、システアミン、ラクトンチオール(スピエラ)、サルファイト、GMT、など意外に種類は豊富です。

パーマ液は美容室の方針で使用する薬剤は違いますが、ほとんどがアルカリ性の髪の毛のタンパク質を変化させるパーマ液を使用しているようです。

パーマの種類

パーマ、クリープパーマ、水パーマ、縮毛矯正、デジタルパーマ、酸性デジタルパーマ、ウエーブパーマなど、沢山の種類がありますが、大きく分けて「コールドパーマ」と「ホットパーマ」の2種類になります。

「コールドパーマ」は熱を使わずに、比較的強い薬剤を使うものが多く、ホットパーマは熱を使い比較的弱い薬剤で髪の毛にクセづけることができます。

髪の毛はタンパク質で出来ている為、熱が加えると硬くなる性質があります。

生卵に熱を加えるとゆで卵になるのと同じで熱に弱い性質があります。

たんぱく質を変化させるたんぱく変性には熱だけでなく、パーマ液で使用されるアルカリもタンパク質変性させる原因になります。

熱を使うパーマの中でも、縮毛矯正やストレートパーマは強い薬剤と熱を使用する為、特に注意が必要です。

熱を使用しなくても強いパーマ液だったり弱いパーマ液でも熱を使用したりなど、コールドパーマもホットパーマもどちらも、ハゲるリスクを伴ったパーマです。

美容室選びは大切

パーマのもちを良くしようとすると、どうしても強い薬剤を選ぶ美容室が多いように感じられます。

コスト面でも、安価なものになると髪の毛や頭皮に負担の大きい薬剤になります。

あなたの通う美容室では何を重視しているのか?

頭皮に関する意識の低い美容室では、ハゲる確率は断然上がります。

”パーマでハゲる”ジレンマを解消する方法

パーマなしではげない

パーマなしでドライヤー活用術

ボリュームが欲しい方は、髪の毛の乾かし方でふんわりボリュームを出すことができます。

洗髪後タオルドライした後に根元から分け目とは逆サイドがら立ち上げるようにドライヤーで乾かすとふんわりとした仕上がりになります。

くせ毛などの方は、コテやカールドライヤーなど髪の毛のくせに合わせて使い分けると、くせ毛をカバーすることができます。

髪質改善で「脱ストパー」

くせ毛は毛穴の形状などが原因で、くせ毛の髪質を改善するのはなかなか難しいですのが現状ですが、髪の傷みや乾燥などを改善するだけでくせ毛が軽減することもあります。

  • トリートメントで髪の内部補修(頭皮にはつかないよう注意)
  • 頭皮の化粧水(頭皮の乾燥を防ぐ)
  • バランスの摂れた食事
  • 睡眠
  • 運動
  • 血流改善(頭皮マッサージ・半身浴など)

実際に髪の毛が広がるタイプのくせ毛の方が、ストレートパーマを1度かけた後、毎日欠かさず髪の毛の美容液を塗り続けた結果、ストレートヘア―になった事例もあります。

くせ毛をいかしたヘアースタイル

髪質改善といっても時間がかかります。

いっそのこと、くせ毛を生かしたヘアースタイルにしてみてはいかがでしょうか?

カットの仕方で自然にボリュームを抑えたり、くせ毛を生かした自分だけのヘアースタイルが見つかるかもしれません。

美容室で相談してみてください。

自毛を増やす

5年先、10年先も若々しくオシャレを楽しみたいのであれば、今すぐパーマをやめましょう。

パーマは髪の毛の寿命を縮めます。

どうしてもパーマがすぐにやめれない場合、なるべくダメージの少ないものを選び間隔をあけ、回数を減らすなど、頭皮や髪への負担を軽減させましょう。

そして、同時に髪の毛を増やしていくこと、つまり発毛をオススメします。

6ヶ月はパーマをかけることはできませんが発毛によってしっかりとした髪を生やしていくとパーマをかけなくても自由な髪型を手に入れることもできます。

まとめ

パーマは頭皮や髪の毛にダメージしか与えず、ダメージを与えないパーマはありません。

長年パーマをかけ続けるとハゲる原因になります。

スーパースカルプ発毛センターの発毛療法は、薄毛だけでなく頭皮の健康を取り戻しハリのある艶やかな髪の毛を手に入れることができます。

薄毛を改善したい方、長年パーマをかけ続けたダメージが気になる方もまずはお試し体験でお気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪在住の発毛技能士のsou先生こと中里聡一郎と申します。 「薄毛の悩みを取り除き、発毛による喜びに満ちた人生の実現」 をビジョンとして、薄毛に悩む人々の豊かな人生に日々貢献しています。 【資格】発毛技能士、毛髪診断士、調理師 【店舗情報】 大阪の寝屋川市にある開業6年目を越えたメディカル発毛サロンです。 9割のお客様に病院、クリニックの薬を使わずに、ホームケアと施術にて髪の毛を生やすことを成功しています。 内服薬を使用しないため、副作用の心配がないと好評です。 【著者の過去】 高校の頃から薄毛に悩み、20歳の誕生日でミノキシジルの発毛剤を購入。以降、育毛剤、育毛シャンプー、個人輸入の薬等、様々な薄毛対策に取り組むが根本的な解決に至らなかった過去を持つ。 たまたま妻が発毛サロンをオープンしたことをきっかけに、自ら発毛メソッドを習得・実践して薄毛の悩みを見事克服。 それ以来、およそ6年間、薄毛治療の発毛特化型サロンとして運営。お客様は近隣の枚方や守口はもちろん、京都や和歌山からの遠方から2時間かけて来店されています。現役医師や芸能人も来店するサロンとして老若男女の薄毛で悩む方の駆け込み寺となっている。